list スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

list 禁断の愛

「おにぃちゃん、私、ずっとおにぃちゃんのこと…」

「ダメだ!その先は言うんじゃない。その先は…俺が先に言うんだ」

「おにぃちゃん…」

「お前を、愛してる!!」

「おにぃちゃんっ!!」




昨日、チョメ男とぷり江を連れて獣医さんにご相談したところ、ぷり江たんの緊急手術となりました。

3日ほど前から禁断の愛に目覚めてしまったふたり…


ボスは

「きょうだいでもやったりすんの?」←お下劣発言

てな事をおっしゃっておりましたが、もし、同じように考えてらっしゃる方に一言。


その気になったオスは


カエルの石灯籠の上で

わっせわっせ頑張ってたりします。




きょうだいとかモラルとか禁断とか関係ないのです。

一度はぷり江の子を見たい…

しかし、近親婚は生まれてくる子に悪い影響を与えることもある…らしい。



意識があるうちはふたりを引き離し引き離ししておりました。

私、すっかり悪者じゃなくって?!


しかし、情熱MAXのふたりを完全に引き離す事はとても私一人ではできない!

いくら悪の総統といえ、眠いもんは眠いんだ!!

眠っている間にふたりの愛が高まってしまったら、引き裂くことはできない!!


まだまだ子供ということと、外に出さないということでワクチンも済ませていなかったのですが、併せて相談。


まず、この2~3日うちに二人が結ばれてしまっている可能性を鑑み、ぷり江の手術を翌日にする事に決定。
チョメ男がもたもたしていたので結ばれている可能性は薄いが。

同じ日にチョメ男もと思ったのですが、どうも執刀できる医師はおひとりのようで、二匹同時にはできないということ…

で、チョメ男さんは一週間後に手術、その前にワクチンを済ませることとなりました。


体重を量りましたところ、チョメ男さんは3.4㎏、ぷり江たんは2.4㎏。
1㎏の差があるのね。
確かにチョメ男さんが深夜私のボディの上に乗って来た時など、

「ぐふっ」

と声を上げずにおられない重さであります。

小さい足に全体重をかけてみぞおちだったり喉笛だったりにのさってくるのですよ?私が謎の死を遂げたなら、犯人はきっとチョメ男です。でも、迷宮入りにしてやってくれることを私は望む!


市販の蚤取り薬と蚤取りシャンプーをこまめにしていたことですっかり蚤はいなくなっていたふたり…

が、「市販のものはあんまり効果ないと思ってください」とのことで蚤取り薬を滴下される…


本当に市販のものに効果がないのか、それとも商売がうまいのか…

看護婦さんの教科書は我が家に一揃いあるので人間の病気となると事前に勉強してゆくのだが…動物となると全く予備知識ないまま行くからボられてるのかどうかわかんないぜ!!

ただ、私がホームセンターで買った薬と病院で使った薬は全く同じメーカーだったことだけ述べておこう…



「チョメ男くんだけワクチン打つので体温測りますね」


ドキ━(((;゚Д゚)))━ッ!!!



これから起こる事に気づいていないチョメ男はそわそわと隣の部屋で診察を受けていると思われる犬の鳴き声を気にしている。


つぷ。


「ンナァッ?!」



そう、猫の体温は肛門で測るのでございます…



チョメ男くん、童貞を失う前に純潔を失う。


体温計に純潔を奪われた動揺により、激しく暴れるチョメ男。


「わあっ!!」←驚く医師。このシトだいじょぶなのかしら。



チョメ男くんの抵抗によりあっさり敗北を認めた医師、耳にて体温を測る方向に。

お子さまをお持ちのお母さまならご存知かしら。「耳っぴ」だったかの、耳に入れてピッと言わせて一瞬で測れる体温計。
じっとしていないお子さまにはぴったりの一品。


最初から使えばいいと思う。


「これはあんまり正確じゃないんですよね」


あ、アラ、私の心の声が聞こえまして?



そしてワクチン接種となるわけです。

相当な暴れっぷりを予想していた私と医師。

しかし、純潔を奪われた事がよほどショックだったのかさして暴れる事はなかった。


先生…グッジョブ!!


驚いたフリして、実はアレ計算づくだったのね!!
うん、素晴らしい。名医だ名医。

これなら…ぷり江の手術を任せることができる。

この医師が率いる


チームメディカルなんとか!!


任せて安心!!多分!!



私は昔(人間の)看護婦さんに言われた事があります。


「治療の成功は医師を信じられるかどうかにかかっていると思うの」


信じる!!猛烈に信じるぞー!!



だから頑張ってくれ!チームメディカルなんとか!!




そして、朝ぷり江たんを送り届け、まんじりともせず一日を過ごした…

毛刈り


ううう… メソ

毛刈りが痛々しいわ。

本当は翌日の朝のお迎えのはずだったのですが、当日夕方にお迎えとなりました。

お電話では


「出血がそんなに多くなかったので」


ということで日帰りになったつってたのに…


「ぷり江ちゃんは入院に向きませんね」


ってどーいうことなの?!



入院に向き不向きってあんのか?!



「あ、暴れたんですか?」


「いやー、暴れてはないですが、嫌そうでした」




そりゃー嫌だと思う。





色々と説明を受け、質問をしてみたりがひととおり終わると、


「摘出したものを見ますか?」

と言い出した医師。


どうしても取り繕えず嫌~な顔をしてしまった私に「じゃあやめときましょっか」とは言ってくれる様子はなかった。このドS-!!


しかし保護者として、私は見なければいけない!
よっしゃぁ!来いやぁ!!


…あれ?そんなグロくは…
なんかこうシャリの上とかに乗ってるアレ…赤貝?みたいな?

(お食事中の方、申し訳ありません)


素人目ではありますが非常にキレイに無駄なく適切に取ってくれてるような気がしないでもない。


うん、すばらしい。


さすがチームメディカルなんとか ←もういいわっ



そして高額な医療費をお支払いし、薬の飲ませ方のレクチャーを受けた後ぷり江たんとご対面…



「うー、ううううー…」


アニマルナースさんが手にしたキャリーの中、低く唸り続けているぷり江たん…


「ぷーたん?ぷーさま?」

「み、み、みぃ」


私の呼びかけに、この世のものとも思えない愛らしい声でお返事。


…天使?


「あー、急にカワイイ声出してぇー!」


アニマルナースさん、とても不満そうなお顔。



そうそう、最初お預けする際他の患者さんから


「まぁ!なんてカワイイ!!」

「キレイな顔してるねー」


と、誉めそやされた私のエンジェル。


そう、声だけでなく姿もエンジェルなんだ!!

20071013012523.jpg



ちょっと写真写りは悪いが!!


そういやこの写真撮る際に、アニマルナースさんがぷぴぷぴ鳴るおもちゃで目線をカメラに向けようとするのだが、なんぼやってもカメラ目線にならなかった。

しまいにはもう一人アニマルナースさんがやってきて、二人がかりでぷぴぷぴ言わせてようやく目線がゲットできたという愛と努力の賜物なのであります。

しかし努力の甲斐なくどれもこれも野良猫風味なのは…きっと気のせいですわよね?!

この写真撮った後、なぜかアニマルナースさんが3人ドアーの外で待っていて、にまにまプスプス笑ってたのだが…


うちのコがかわいいからよねきっと!!


ここで一つ。


ペットをお飼いで、周囲にブログやってる事をナイショにしておられる方へ。


ペットにもHNを!!



自宅に帰ってきてからエリザベスカラー(傷口をなめないようにつけるパラボラ的なアレ)を嫌がって猛烈に後ろ歩きをしていたけれど、今はすっかり慣れたようで、ぐーぐー寝ています。


エリザベス



ああ…とっても高貴。



ちょっとびっくりしたのが、カラーつけた状態でゲロされるとえらいことになるのね…うん、大騒ぎ。


心配していたお薬もうまいこと飲んでくれてやれやれです。




来週はチョメ男くんがとうとう…

赤ちゃんプレイ


ああ…このあどけない、まだ哺乳瓶を見つけると目の色を変えるチョメ男くんが…



20071008085049.jpg


ああ…このかわいいくりんくりんが…




ああ…っ!!




ranking
スポンサーサイト
【2007/10/14 13:44】 世迷い言 | track back(0) | comment(14) |
comments

list

とりあえずは安堵、ですね。

僕の有事の際はチームメディカルなんとかにお世話になるとします。
【2007/10/14 15:03】 URL | 三代目 #-[ 編集] |

list

ご苦労さまでした・・・。
ぷりりさんも、ぷり江ちゃんも。
チョメ男君も処女をショタコン獣医に奪われ(違)傷ついたね。
その変態獣医が、今度は、チョメ男君の可愛いクリクリを、ショボンにするという!

先生、変態とか言ってごめんなさい。

ちょっと前まで耳が横に付いてた(赤ちゃん)2人が・・・。
禁断の恋に目覚めていたとはね、
おばちゃん、驚きだよ。

しかし、
>カエルの石灯籠の上で
>わっせわっせ頑張ってたりしす。
悲しい、悲しいな、オスよ。

【2007/10/14 16:15】 URL | たけをちゃん #-[ 編集] |

list

エリザベスカラーをしたまま眠るぷり江たん 本当に気持ちよさそう!
「入院に向かない」ってのは それだけ家が居心地がいいってことで
puririさまの愛情の程が ひしひしと伝わってきます

チームメディカルなんとかさん チョメ男くんの時もしっかり頼むよっ!
【2007/10/14 16:19】 URL | 恵以子 #kMXL5eVM[ 編集] |

list

ただいま人気ブログを応援しています。
応援ポチッ!
【2007/10/14 17:15】 URL | 団長 #-[ 編集] |

list

実は先日、俺も純潔を奪われました…

高熱が出ても、座薬すら苦手な俺には屈辱的な姿と行為でしたww
【2007/10/14 18:20】 URL | やっち #-[ 編集] |

list

大変でしたね。
でもpuririさんが迎えに行った時
ぷり江ちゃんが優しく応えたのを見ると
本当にpuririさんの事信頼してるんだと感じます。
お大事に♪
【2007/10/14 18:43】 URL | sacchin #mQop/nM.[ 編集] |

list

オナベとオカマに囲まれてpuririさんは冒険に出るのですね。



戦士として…。
【2007/10/14 19:07】 URL | けんねる  #-[ 編集] |

list

チョメ男くんもタマタマ取るのですね。
かわいいんだけど仕方ないです。
ウチのかつゆ♀も発情がきた時に
すんごい声で「ワオン、ナオン!」
鳴きまくりでノイローゼになりそうだったし。
オスのスプレーは強烈な匂いらしいし、
室内飼いではやむおえないですなぁ。
男の子は傷も小さいしすぐ治りますよ~。
【2007/10/14 21:36】 URL | さんどまめ #-[ 編集] |

list

診察券に顔写真つけてくれるのいいなあ・・・自分のかかりつけの獣医さんは写真なしだし、我が家の猫ズ2匹で一枚です・・・・・
避妊手術後はすごい食欲がでて太るとかきいたことありますが・・・・いっぱいご飯あげて元気にさせてあげてください(^-^)
【2007/10/15 00:08】 URL | 記号士 #-[ 編集] |

list

二人とも手術しなくちゃいけないんですね。かわいそう・・・(´Д⊂ヽ
二人が兄妹でなければ、赤ちゃんも見たいですけど。
色々と、そうはいかないですもんね。

チョメくんの時にも高額な医療費をお支払いしなくてはならないんですか!?
貯金って大切ですね・・・。・゚・(ノД`)・゚・。
【2007/10/15 00:20】 URL | リリィ #-[ 編集] |

list

家のニャンコもそのうち去勢しなきゃなんですよね・・・・・・・

何かチョットかわいそうだけど・・・・・

二匹のニャンコ相変わらず元気そうで何よりです!!
【2007/10/15 00:40】 URL | today #-[ 編集] |

list 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/10/15 16:45】 | #[ 編集] |

list

こんはんわっ(´・ω・)ノ☆
コメありがとございました!

やっぱ避妊手術のが大変なんですかね、入院とか…
うちのこは虚勢した後すぐ連れて帰った覚えが…
そっかぁ~、禁断の愛、邪魔しちゃったんですねーー(≧ω≦)キャー
てか、大野さんの名ぜりふあるのが気になる…
【2007/10/16 02:38】 URL | ももじ #NvA2GgUE[ 編集] |

list

早いものですねー。
まだあどけなさが残っているのに・・・・・
避妊も去勢も早めのほうが良いって聞きますからね。
ちょうどいいタイミングだったかもしれませんね。
さんどまめさんも言ってたけど、猫スプレーは超強烈だよ。
その心配は無くなったわけだ。
後は巨大化(肥満)しないように気をつけてあげてねー。
オスもメスも手術すると性格がおっとりして運動量も減るらしいから。
【2007/10/16 15:47】 URL | 博蔵 #-[ 編集] |
please comment













管理人のみ

trackback
trackback url
http://puriri.blog65.fc2.com/tb.php/461-c2a87135
http://thatsping.jp/tagcode
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。