list スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

list 母たちの夏休み

もう…帰っていいですか?

人の渦



炎天下での行列でずぶぬれになってようやく辿り着いた私を待っていたのは


人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人入人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人
人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人



ハァハァ。もうええわっ!!


カオスが待ち受けていたの。


正直、前日は「もういいか」という話になっていたんだ。
だからこそ、ゲームソフトを買い込んできたんだ。


それなのに当日になって、魔の電話が…


おめー、前日に断ってなかったのかよ!!
「人ごみ嫌」って言ってたのは私じゃないぞ?!


しかしまあ夏休み最後の日。

ちょっとした思い出づくりをしたっていいんじゃなーい?!

そんな軽はずみな考えを猛烈に悔やんだ。

これは軽い気持ちで参加できるイベントではないっ!!


入場無料


この甘美な響きに惑わされ、うっかりこの魔窟に迷い込んだ大人が一体どれほどいるのだろう。


会場には勿論子連れの方が多くいらっしゃるのですが、カップルもいらっしゃる。単身で乗り込んだ黒づくめの男子はおそらくカードバトルの猛者であろう。
外国人の方は今日ここでいただけるスペシャルな「POKEMON」目当てにいらっしゃったのであろう。

行列時に既に当日もらえるポケモンのミュウとマナフィをゲットしていた。

本日の目的の大部分を会場に入る前に既に完了していたのであります。

正直、個人的にはあとルカリオをもらったら帰ってもいいと思っていた。

ポケモン3匹もらって無料って太っ腹だわー。儲かってますねんなー。


しかし、今日はそういうわけにいかなかった。


マイベイビーだけなら大人の手練手管で言いくるめ、帰る事はできた。

マイベイビーのベストフレンド&そのマザーと合流したため、最後までおつきあいしなければならないのだ。


「はじめまして。いつも仲良くしていただいているそうで…ありがとうございます」

「いえいえこちらこそ、いつもお世話になってまして」



大人の外交テクニック、めいっぱい駆使!!



期間限定記事で述べたことがありますが、私は今子供と一緒に住んでいません。

昔からのママ友とは今も交流がありますが、新しい学校でのママさん方とは全く交流がありませんでした。


猛烈に緊張しました。

一緒に住んでいない母。

一体どういう印象を抱かれるのか?

既にマイナスの印象のファーストコンタクトであります。


「おばあちゃん(元姑)とスーパーでよく会うのでお話してるんですよー」


元姑、グッジョブ!!


元姑はかなり私を愛している。

それはもうウザいほどに。

赤の他人となった現在も、私を娘のように愛し、時に自慢すらしている模様。一体どういう点で自慢できるのか謎ではありますが。

その暑苦しい愛に今猛烈に感謝している!!


すごくいい感じのファーストコンタクト完了。


そして、別のベストフレンドを発見したマイハニー。

またしても大人の外交テクニックを駆使。


「はじめまして。Kの母です。いつも仲良くしていただいているそうで」

「あ、Kちゃんのお母さん?はじめまして!お世話になってます!」

「Mちゃんこんにちは。写メ見せてもらったことあるよ」

「こんにちは(照)」

「はじめましてー。これがMの母で、僕が父です」

「あんた、何言うてんのもう!」



「Mちゃんのお父さん初めて見た」

「あれお父さんじゃないよ」

「えー?じゃあ誰?」

「…お友達じゃない?」



…どうやら訳ありのようだ。


無邪気な子供たちのイベントにて

まさかの大人のドラマが!!




私ならきっと「あー、お父さんだねー…?」とわけのわからない生返事をしていただろう。
非常になよやかで女らしいHちゃんのママでありますが、その外見からうかがえない強いものを感じた。
なんか、Hちゃんのママが猛烈に好きになった。


なんとなく当然っちゃ当然のようにMちゃんチームとは別行動。
Hちゃんママとおにいちゃん、Hちゃん、私、マイスイートがチームで行動。


ぷりり、のっけから迷子になる。


そこは文明の利器、携帯で救われる。

携帯電話がなければ、恥をしのんで目と鼻の先にあった迷子センターに駆け込まなければいけなかった。


そしていかにも会場内の通貨となる「パルポイント」をゲットするためのブースを探していたかのように振舞う。


1パルポイント=100円

ミニマム10パルポイント。

要するに、中で遊ぼうと思ったら最低1000円は必要ということだ。
勿論、払い戻しはない。


ちくしょー。商売うめーな。


10パルポイントのカードをゲットし、アトラクションのブースを回る。


「ただいまの待ち時間 180分」


並んでるだけで閉幕するわ!!


その後、待ち時間15分のアトラクションを発見。

子供たちは嬉々として行列に加わる。


ただ、待つ…


待つ…


待つ…



「あっつい」

「あっついなー」



行列でずぶぬれになり、入場した瞬間引いた汗がまた…


制汗スプレーって、

汗を制する訳じゃないんだね…



またしてもずぶぬれに。


ただただぼんやりと立ち尽くし待ち続ける母のもとに、子供たちが戻ってくる。


ただいまのアトラクションでいただいたものは、証明写真のような紙にプリントされた3センチ角ほどのポケモン数匹のみ。
シールですらない。


「あ、今ので7パルポイント使った」


なぬー!!これで700円?!



~昨夜の会話~

「入場はお金いらんねん」

「へえー。でも中で遊ぶのはお金かかるんやろ」

「ひとつ100円200円ってとこかな」

「へええー!それは豪気だねい」

~昨夜の会話終了~




…まあ、世の中そんな甘くないわな。


ここで疲労のためおにいちゃんが座りたいと言い出し、一も二もなく賛成。

観客席に辿り着くまでにさらにHPに大きなダメージを受ける。

大盛況



ドームって、こんな狭かったんだね…

いや、もしかして広いのかもしんないけど。

このカオスの中にまた突入しなければならないと考えるだけで5歳くらい年を取る思い。

そして残り3パルポイントを消費するための計画をHママと綿密に練る。


本当は、もう10パルポイントをゲットしてやってもいいかと思っていたのですが、そこは大人同士のいろんな事情がある。

私が買ってしまうとHママも買わなければならない。

HママにはHママの教育のスタイルがあるだろう。

でももしかするとHママも私に気を使って買えなかったのかもしれない。

大人の世界って難しいせめぎあいみたいなのがあるのよね…


まあ、お互いもう帰りたいという気持ちは言葉がなくても伝わっていたが。

初めての出会いであっても猛烈に伝わる何か。プライスレス。


会話の中、Hママとマイキティの誕生日が同じと知る。

どうやらお誕生日にケーキを手作りしてくださって、一緒に祝ってくださったらしい。


…涙が出そうに嬉しかった。


私の知らないところで、ステキな関係を築いている。


成長してるんだなぁあ。


Hパパが随分ゲーム好きのようで、すごく気が合っていると聞き、また涙が出そうになる。


泣いちゃダメ!ぷりりの泣き虫!!ヘタレ!!


この喜びに励まされ、またカオスに突入。


3パルポイントのアスレチック的なものが15分待ち。

子供たちはまた嬉々として並び、母はまた待つ…


「ふううー。あっつい」


今日一番多く発した言葉。「あつい」。



そこではシールをもらってくる。


「もう1点取れたらタオルもらえたのにー!」

「おおー、残念やったな。でもいいじゃんこのシール(300円の)」

「うん!」


「じゃあ、そろそろ帰ろうか」


このHママの言葉にかなりブーイングが出るかと思いきや、非常に聞き分けよく

「うん!」

と答える子供たち。

あんたたちもほんとは疲れてんだね…



黄色の蠱惑


夏休みは終わった…

そして、黄色いねずみは母たちをねぎらうかのように微笑むのだ…






「このあとお茶でも行きません?」


ま、まだ夏休みは終わっていなかった!!


母同士の交流とは、とりあえずお茶から始まるのだ。


気を使ってくださって、バス停のすぐ近くのお店にしてくれる…が、ドームからバス停までが遠く、またまたずぶぬれに。


Hママは看護婦さん。
職場は私の家の近く。
お年は私よりちょっとおねえさん。

自己紹介的な会話を繰り広げる。


なんか、こういうの久しぶりだなぁー。


ソフトクリームをなめなめする子供たち。

隣には、おっとりと話すママ友。


こういうのってやっぱりいいなぁ。


「Kちゃんママどんな人かと思ってたけど、すごい話しやすい人でよかったわ。またよかったら食事とかしません?」


のっけから子供と一緒になりDSを取り出してポケモンをゲットしていたようなこのアタシと?!

いきなり一人迷子になったようなこんなワタクシめと?!


ダメ!ぷりりこんなところで!この泣き虫!薄汚いメス豚!!




ミュウよりも、ルカリオよりも、マナフィよりも…


新しい友と電話番号をゲットしたことが

最高に嬉しい一日だった。






ranking
スポンサーサイト
【2007/09/03 01:00】 世迷い言 | track back(0) | comment(11) |
comments

list

そういう距離感のママ友の交流って、いいですねぇ(*´∀`*)
なんか、受験戦争とかで対立しているママさん達をテレビで見たいたので、puririさん達のような温かい関係って素敵だなぁと思いました♪
でも・・・お姑さんから溺愛されるって、羨ましいです!
そして、私も早く子供が欲しいです(*´∀`*)
【2007/09/03 11:24】 URL | リリィ #-[ 編集] |

list

ちょっと感動…。
ゲットした友情プライスレス。
【2007/09/03 13:45】 URL | sacchin #mQop/nM.[ 編集] |

list 突入するの?

突入するの?
【2007/09/03 15:41】 URL | BlogPetのにゃんぱらり #-[ 編集] |

list

いいなあ~w


でも暑いのは俺も嫌w
【2007/09/03 22:29】 URL | みとし #-[ 編集] |

list

うわあ・・すごいお金の臭いのぷんぷんするイベントだあ・・w
まあポケモンカードからして「まるで金を刷っているようだ・・・」と任天堂の方が申されたとかなんとか・・・w
【2007/09/03 22:59】 URL | 記号士 #-[ 編集] |

list

以前puririさんが私のブログで
「ポケモンは入り口のない迷路に足を踏み入れるようなもの」と仰ってましたが、
イベントレポを見る限り、それは間違いではないようですね。

ちょっとした青春群像劇を見ているようで、素敵です。
【2007/09/04 01:05】 URL | Mr.Noddy #-[ 編集] |

list

すっげぇ人だなぁ

俺、人酔いして死ぬかもww

新しい友人増えるとホントうれしいよね
【2007/09/04 05:50】 URL | たけ #-[ 編集] |

list

おつかれっす!!

母をやるのも楽じゃないよね。

ウチはポケモン関係はセブン○レブンのスタンプ集めにダンナが付き合わされていました。
確かこれ、去年もやったんだよね。
このくらいが限界です・・・・・・・・

ワタクシの離れて暮らしてる息子達はもう数年あってないなぁ。
別れたのが調度思春期のころだったからなぁ。
そのくらいになるとお互い複雑でさ。
【2007/09/04 11:56】 URL | 博蔵 #-[ 編集] |

list

うわぁ・・・
子供がある程度大きくなったらこんなイベントへ駆り出されるのか・・・ダメだ、暑いのだけは嫌だー!!
でも。友達ゲットできるなら行こうかな?
【2007/09/06 00:50】 URL | yuki #-[ 編集] |

list

「入」発見!w
汗を制する制汗スプレー、あったら欲しい~♪
ナンダカンダ言っても とても楽しそう!
お疲れ様でした
【2007/09/06 02:37】 URL | 恵以子 #kMXL5eVM[ 編集] |

list

ママ友というとどうしても距離感の保てない
ずぅずぅしい人たちを想像しがちな私でしたが
こういうちゃんとした人とオトモダチになれるなんていいな~♪
20代後半あたりから心割って話せる友人が出来づらくなってきた気がして
少し淋しい気持ちになったりもします。
お友達出来て良かったですね☆

しかし子供向けのイベントなのに結構お金がいるんですね。
もっと良心的に遊べるイベントが増えて欲しいもんです・・・
【2007/09/09 17:29】 URL | ちゃちゃまんぼう #-[ 編集] |
please comment













管理人のみ

trackback
trackback url
http://puriri.blog65.fc2.com/tb.php/426-c5dcda55
http://thatsping.jp/tagcode
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。