list スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

list 哀愁のメロンパン

ウマ…

スイカのおいしい季節になってまいりましたね!



ですが私はメロンパンです。

メロンパン


昔から特別好きというわけでもなく、どこそこのなにそれファクトリーがおいしいとかいう情報で右往左往するほど情熱を傾けているわけではありません。

ふつーにコンビニのメロンパンです。


最近になってメロンパン頻度が急上昇。



それは思い返せばほんの数ヶ月前、母が我が家に遊びにやってきた時のこと。


確か母の日に近かったので夕食に近所の中華屋さんに連れて行きご馳走しました。


なぜ中華屋さんかというと、わたくしの家族皆が愛している中華屋さんがただいまシェフの急病により長期休業となっており、事あるごとにそれを嘆く母を見かねてのことで、べつに安く上げようとかそういう理由ではないのです。断じて、違う。




ちなみに母には以前フグをご馳走したことがありますが、それ以来母の中で


「ぷりりはうちの出世頭」


ということになっています。グファッ。



幸い私のお気に入りの中華屋さんの味を母は非常に気に入り、おいしいおいしいとたらふく食べ、生中も3杯飲みました。


「2人やと食べられる品数に限界があるな」

「もっと色々食べたいけどのう」

「私はもう…無理…おかあちゃん食べたかったら何か頼んで」

「おかあちゃんももうあかん」


そういって帰る道すがら、我が家の目と鼻の先にあるコンビニ前で立ち止まる。


「おかあちゃんなんか夜食べるもん買っていくわ」


そして母が調達してきた食糧の中に入っていたのがメロンパン。


「なんで…メロンパン」


「おいしそうだったから」


このはちきれそうなおなかを抱えたタイミングでメロンパンを「おいしそう」と言えるママンに敬意を表し、


「じゃあ…ちょっとだけ」

「もっと食べよし」


結局半分こして食べました。
仲良く分け合ったメロンパンは、はちきれそうなおなかを抱えていてもなんだかとてもおいしかったのです。



それ以来です。私が何かというとメロンパンを買ってくるようになったのは。



ほんの数年前まで絶縁状態にあったものの、それを乗り越えてさらに家族の絆が強くなったように感じながらも普段は家族と離れて暮らす私。若かった頃には「母と会話する」ということに気負いがあったけれど、自分も歳を重ねてみるとこれほど自分とよく似た感性を持つ人間は他にいないと、まるで魂の片割れのような母との楽しかったひとときを再び味わうた単にはまっただけです。



ただ、正直メロンパンの何がうまいのかと暑苦しく語れるほどうまいとは思っていません。

私が買って来るのは柔らかいパンの上にビスキュイ生地?を乗せて焼いているごく普通のものです。

ほんというと昔ながらのレーズンが入ったものが食べたいところですが、わざわざ探して買いに行くほどの存在でもありません。

少し前にちょっと固めのメロンパンにレーズンが入ったものがコンビニにお目見えして、「これだっ」と数回買ってみましたが、固い生地がメロンパンというよりも、丸ぼうろ?そんな食感で、何かが違いました。

丸ぼうろは好きです。あの固いのか柔らかいのかよくわからない、しめっているのか乾いているのかはっきりしない感じがなんともいえません。が、私はふっかふかのパン生地の中にレーズンが入っていてほしい。


ということで、数回食べて頭の中で「???」を飛び交わせた後、普通のメロンパンに戻りました。



そんなに劇的に「うまいっ!」と思うものではありません。

ですが、パンのあるお店にならほぼ間違いなく存在し、「そうそうメロンパンてこんな味」みたいな安心感を与えてくれる。そんなところに私はハマってしまったのかもしれませんね。



そんなメロンパンをおいしく食べるために私はひとつ、工夫をしています。



まず、コンビニでメロンパンを買ってきます。

そして封を開け、少しちぎります。ちぎった部分を食べます。



最初に




これくらい残ります。開け口を折り、乾燥しないようにします。

そう、いっぺんに食べないで、少しずつ食べる方式。

少々いじましく感じるかもしれないですが、一度に食べるとちょっと重い。

おいしい程度にとどめながら食べ、最後までおいしくいただく秘技。




ごはんを食べてしばらくして、デザート的な意味で母のあの旺盛な食欲に敬意を表し、少し食べます。


次に

これくらい残ります。また乾燥しないように袋を折ります。





シャワーを浴びたりゲームをしたりなんだかんだしているうちに口さみしくなるので一口ずつちぎりながら、最終的に

最終的に


これくらい残ります。

今日はここまで。丁寧に袋を折ります。

明日目覚めると、おいしい量のメロンパンがある。

そんなささやかな幸せを感じながら、眠りにつきます。




目覚めます。






































「あああっっっ!!私のメロンパンっ!!」


最終的に


原型はとどめながらも、無惨に床の上に転がるメロンパン。

丁寧に封をしたはずの袋には、無数の穴が。

そして全体的に濡れている。こ、これは…!!




美しきハンター
「ん…」




「ぷーたん!!なんでこんなことをするの!せっかく楽しみにしてたメロンパンがよだれまみれよ!」





ぶさいく
「食べてないですよ?遠慮しないで食べればいいのに」




食えんわ!!











最後の4分の1強は、この美しきハンターの供物となる。

ただその白銀の牙を食い込ませる感触を楽しむためだけの…。








おでぶハンター

三角座りする私の胸の上に体を預けるでぶおさん。
彼もまた、ラップのかかったオムライスのお皿をくわえて引きずっていたという伝説のハンターである。


蝶よ花よと育ててきたのにどうしてこんな野良猫さんみたいなんだろう…。



スポンサーサイト
【2010/07/30 10:50】 世迷い言 | track back(0) | comment(10) |

list そこに山があるから

現在モンハンと勇者のくせになまいきだと白騎士物語でわたくしの頭上にはステータス異常のアイコンが点滅しているはず…


白騎士物語 -光と闇の覚醒-白騎士物語 -光と闇の覚醒-
(2010/07/08)
PLAYSTATION 3

商品詳細を見る



勇者のくせになまいきだ:3D勇者のくせになまいきだ:3D
(2010/03/11)
Sony PSP

商品詳細を見る



モンスターハンター ポータブル 2nd G PSP the Bestモンスターハンター ポータブル 2nd G PSP the Best
(2009/12/24)
Sony PSP

商品詳細を見る




はい、本日絶賛大不評中のゲームネタ。


白騎士は妹のダンナ、つまりは義弟からお誘いをいただきいそいそとアマゾンでヘッドセットと共に予約購入。

しかし発売前に前作を猛烈な勢いで進めており、新作の前半が前作と全く同じストーリーなため再度同じストーリーを薦めることになりこれまた猛烈に萎える。
でもっ…みんなでワイワイとクエストをこなすためにはどんな苦痛を感じても進めなければ…っ!

(ちなみに前作をクリアしていればデータの引継ぎができます。要するに、クリアしてなかったから苦労してるんだね!)


ログインしては白騎士…シャワー浴びてまた白騎士…ごはん食べて白騎士…ああっ!頭が!目が!目がああああああああ!!



そんなに苦しいならゲームなんてやらなければいいのに!



ごもっともでございます。



そんなことゲームやってる誰もが考えたことあるですよ!たぶん。



でも、やる。なぜか。


そこに山があるから。




白騎士の合間を縫って以前からオトモハンターとして立候補してくださった綴夜さんと、昨日ようやく狩りをすることができました。


綴夜さんも他のゲームをしてらしたので「今声をかけるとお邪魔かも…」という大人の分別で実現までなかなかこぎつけることができなかったのですが、このまま大人の分別で黙っていたら社交辞令で終わってしまう!と大人げなくメッセージを送る。


ロビーで会えたときは感動致しました。

そして2人で狩りに出る。

わたくしのヘタレっぷり全開!

どれくらいヘタレかというと事前にヘタレ申告をしてしまうというヘタレっぷり。


強い敵に泣きじゃくりながら「1乙いただきます」と宣言し、ほんとに乙ってしまう。←一番ダメパターン

「じゃあ私2乙いただきますね!」と宣言した綴夜さんは無傷。←カッコイイパターン


*注 乙=死、モンハンの場合一回のクエスト中に3回乙るとクエスト失敗。一人で3乙するとリアル死にたくなるので注意


ちっくしょう…オイラプレイ時間1300時間を越えたのに…なんかのバグかな?


綴夜さんが猛烈にカッコよかったのは火山にてのハメ技。

綴夜さんが壁際に敵を惹き付け、盾役となりガード。

わたくしどもはそんな綴夜さんの凛々しい背中を見ながらコソコソとライトボウガンで攻撃。


「ボウガンあまり使わないので死んだらゴメンナサイ」

「操作さえ誤らなければ私が死なせない!」



キュン ←恋に落ちる瞬間



言葉どおり、綴夜さんは私と2人のハンターとおひざの上のベビーたんを守り見事クリア。


ステキな方に守っていただけるならヘタレもまんざら悪くない…



(まあ、ヘタレを相手にする側は迷惑極まりないのであろうが…)



そんなステキな出会いを求める方は下記をご参考に。


PS3 アドホック・パーティーまとめ @ ウィキ



「ぷりりは俺が守る!」という方も是非ご参考に!


いませんかそうですかすいません。



アドホックパーティー対応のゲームであればモンハンに限らず複数でプレイできますのでご活用ください。





極めるぷうこりん
【敵の弱点属性を調べてくれているぷうこりん】


奥義 なんとなく話がまとまらなかったので画像でお茶を濁す斬



それでは今日はこのへんで。←奥義
【2010/07/12 12:13】 世迷い言 | track back(0) | comment(11) |

list 草枕

白茶けた、腰ほどまである草の生い茂った草っ原を私は駆けている。

曲がりくねったけもの道を両手で掻きながら。

頭の片隅では「二本足で駆けた方が早い」と分かっているのに、ただひたすら小石まじりの地面を四つんばいで駆けている。

振り返るとまだあの女が追ってきている。

つかまってはいけない。

手を伸ばしてもさらにまだ腕一本ほどの距離は離れているが、カーブを曲がって茂みに身を隠しおおせるほどの距離はない。

もっと離して身を隠さなければ、私の動きは草音で勘付かれてしまう。だからもっと早く。

もう離したか、と思い振り返ると相変わらず女は同じ程度の距離を保ったまま。

薄明るいような薄暗いような景色の中、女はほのかに光っている。

そしてその顔は何か困ったような、心配しているような、でも無表情なような。

追う者の表情としては不可思議なものであるけれど、私は恐怖に取り付かれ、ひたすら逃げ続ける。

荒れた地面を駆ける手足のひらに痛みは全く感じない。

ただひたすら動かし続ける手足、体の痛みに限界を感じ始める。

もうだめかもしれない。

振り返るとやはり女は同じ距離を保ったまま。





「…っ、はあっ、はあっ」




ゆ、夢か…



(禁断の夢オチで申し訳ございません)




しかし自分のキャパで見る夢にしてはあれだな、意味深だな。

今まで追われる夢って何度か見たことあるけど普通に逃げたことないなそういえば。

空中を泳いで逃げたりとか羽ばたいて逃げたりとか…羽ばたくのも自分で猛烈に手をバタバタさせてやっと屋根の上程度だしな。てか逃げるだけじゃなくて私が飛ぶ夢見るのって大体バタバタか泳ぐかどっちかだな。夢の中くらい気持ちよく飛べればよいのだが。

今日の四つんばいで逃げる夢にしても…なんかわけありだな。もしかして私の前世ってタヌキとかなんかな。

人里に人の姿で住んでて私が山に逃げようとしてて親タヌキが心配して追いかけてきてるとか。

そうやって考えると羽ばたく=鳥、泳ぐ=魚。

現世でやっと人間になったわけだな。

人間になったとしてもうん十年生きて悟るところなし。まだまだ輪廻の鎖から解脱できないようだ。

…何考えてんだオイラ。


しかししんどかったな。逃げる夢ってだいたいハァハァドキドキしながら目覚ますもんだけど、今日のは体の痛みまで残ってる。なんてリアルなんだろう。

なんかこのリアルさが意味深すぎて色々考え込んでしまうわあ…


てか…マジ体痛い。なんだろうこの痛み。

最近ハンター生活にどっぷりだったから体が疲れているのね。ちょっと揉み解そう。


…イタイ。ちょっと押すだけで猛烈に痛い。だがこの痛みを乗り越えて快楽が訪れるのです!がまんよぷりり!



きゅ(軽く揉み解す音)



いてええええええええ








37度7分




夢の意味を色々考えていましたが単に発熱による体の痛みが見せた夢ということで決着。



とりあえずお熱があるので布団に入りゆっくりと体を休めることに。


ううう…熱い…体が痛い…重い…重いよう…
















おもいやり


ちょ…お前か!!



そうか、ぷうこりんは熱で苦しむ私を心配してこうやって胸の上から暖めながら見守ってるつもりなのね!

そういえば私がマジ泣きしている時とかいつもいそいそとやってきて心配そうに見守ってくれるっけ。

まあクシャミしたときとかおならこいたときも同じようにいそいそとやってくるところを見ると単に常ならぬ様子や物音の原因を探りにきているだけなのかもしれないが。
ちなみにおならに関しては音の出所をつきとめくんかくんかしてきます。薔薇の香りがするからねきっと。



まあとにかくこうやって気を使ってくれているのは間違いない。


好意は有難く頂戴しておきましょう。


いやあ~、ペットが助けてくれるとか憧れたけど、こうやって心配してくれるだけでもありがたいねえ。って、アレ?


どこいくのぷうこりん?









なんと、ぷうこりんは熱で苦しむ私の胸の上で


単に暖を取っていたにすぎなかった。



おもいやり

「ママン大丈夫?私がそばにいるね!」

↑誤






おもいやり

「ぬくいわあ~」

↑正






38度をこえると暑くてイヤだったらしい。






飼い主の心配など露ほどもしていない証拠の画像。お部屋が暗かったのでなんとなくファンタジック。




まくら

ドリンクを取りに布団から出て戻ったら猛烈に枕を奪われていました。


まくら…

おら…死にそうなんですが?


まくらがあ!!

あたたかいよね…うん。




ちなみにこの頃でぶおは布団の足元で大きな体を更に大きく伸ばしていました。


仕方なくわたくしは座椅子でハァハァすることに…




私…今生で輪廻の鎖から解脱できなかったら




来世は猫になりたい!!













聖☆おにいさん(1) (モーニングKC)聖☆おにいさん(1) (モーニングKC)
(2008/01/23)
中村 光

商品詳細を見る

聖人も熱を出すみたいです。


【2010/07/06 14:47】 世迷い言 | track back(0) | comment(9) |
http://thatsping.jp/tagcode
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。