list スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

list 裏切りのしるし

20070430234040

私以外の女にこんな恍惚とした表情を見せるなんてっ!!

ひどいっ!ひどいわぁー!!

額の刻印は裏切りのしるし…



ranking
スポンサーサイト
【2007/04/30 23:40】 わくわく動物ランド | track back(0) | comment(8) |

list 飼い主に似た

20070429220844


こいつの胃はきっと宇宙に繋がっている。




ranking
【2007/04/29 22:08】 わくわく動物ランド | track back(0) | comment(14) |

list 認めたくないものだな…

20070429220826


バカー!!
こんなんいつ着るつもりなのさー!

若さの、若さゆえの過ちかー!



ranking
【2007/04/29 22:08】 世迷い言 | track back(0) | comment(12) |

list つまんでごらん

20070429201454


やわらかいのよ




ranking
【2007/04/29 20:14】 わくわく動物ランド | track back(0) | comment(6) |

list ファッションリーダー

20070428004426


プス(=゜ω゜)=3




ranking
【2007/04/28 00:44】 わくわく動物ランド | track back(0) | comment(17) |

list ゆうしゃのしるし

先日行いました小粒でピリリ企画(バースデーイベント)大勢の方々に参加いただきましてありがとうございます。

問題が漠然としすぎていましたので色とりどりの回答が寄せられました。
正直これだけバラエティに富んでいると非常に選ぶのが難しい!

ここは心を鬼にしまして、あくまでもpuririのツボということでチョイスすることに致しましょう。

puririも人の子…

どうしても私情を交えてしまう恐れがあります。

そこで、

①選択

②コピー

③貼り付け

④プリントアウト

⑤名前を消す

⑥少し寝かせる

以上の手順を踏みまして、それぞれの設問から優秀な回答を3つ選ぶことにしました。

当初全ての回答から3つの優秀な作品をと思っていたのですが、とても選び切れません。

都合15の優秀な作品を選ぶことになります。

名前を消しての審査になりますので同じ方が選ばれる事があるかもしれませんが、そのへんご了承ください。

ゆうしゃのしるしができました。


ゆうしゃのしるし


参加された方々はお持ち帰りくださいませ。

こんなんイラネェ~!とおっしゃる方、


ゴメンナサイ。



審査結果はしばしお待ちくださいね。

ただいま寝かせておりますので…




ranking
【2007/04/27 20:00】 世迷い言 |

list 大切な皆さんに祝っていただいて(BlogPet)

ほんとうは、puririは
大切な皆さんに祝っていただいて、○○歳が特別な一年になるような予感すらしてきました。
とか考えてたよ。

*このエントリは、ブログペットの「にゃんぱらり」が書きました。
【2007/04/26 13:43】 世迷い言 | track back(0) | comment(8) |

list 大切な部分

腕の痛みその後、整骨院には数回通っています。

先生から「一日おきくらいに通ったほうがいいね」と言われてから早や一週間ほど経ちました。

決して腕が悪いわけではありません。
むしろ腕はいいと思うのよ。

ただ、いつ行っても他に患者さんがいない。

診察券を出してから待ったためしがありません。
そして、いまだかつて先生以外のスタッフを見た事がありません。
時間の問題なのか?
でも午前中行っても夕方行っても絶対先生一人なのですよ。

痛みを抱えて整骨院を探したあの日、あと2~300m先に外観もキレイで結構繁盛している、ボスおすすめ(行った事ないくせに)の整骨院があったのですが、あと2~300mと、待ち時間を耐えることができないと思い、飛び込んだのでした。

もうちょっと、我慢したらよかったかもしれない。

目先の我慢を惜しんだため、今

行くたびに我慢を強いられている。


揉み解す前に電気を当ててもらうわけなのですが、両肩甲骨、二の腕、ひじあたりに電極を付けられます。

この時の電気の強さ具合は「ちょっと痛いです」「もう少し強く」と申告し、先生が調節するのです。

これがどうもうまいこといかなくてね…

「背中の方が強いです」

と申告して弱めてもらった事に満足し、先生が去った後、徐々に腕につけた電極の強さが気になってくるのです。

痛い…でもわざわざ先生を呼んで弱くしてもらうのはちょっと気まずい。

でも…ほんとに痛い。

剣山(いけばなの時にお花を刺す針地獄みたいなやつですよ)をビシ!ビシ!と押し付けられているかのように痛い。


そうだっ!


この痛みを快感にすりかえられはしないか?!



ああー、気持ちいい。

ああー、最高。

ああーん…やっぱり…



イテェ~!!!


でもっ、やっぱり先生を呼ぶのはイヤ!


めっちゃ気持ちいい。

たまんない…

あはーん…




…って、イテェもんはイテェんだよ!!!


やはり自分を偽ることはできないわっ!


それでも誇り高きpuririは痛みに耐え…

決して先生を呼ぶことはしないのだ。



しかし本当の我慢はこれではないのです。


電気をあてた後、とても丁寧に時間をかけて揉み解してくれます。

右腕だけ。

確かに右ひじが痛いと言いました。

でもね、先生。

「ぱんぱんやな!」

と驚き触るその右腕と、反対側の左腕、おんなじようにぱんぱんなんだよ。


私はてっきり肥満ゆえの肉圧だと思ってましたよ。


時々勉強を兼ねて仕事の合間に腕や首のマッサージサービスをボスや黄桜に施すのですが、その肉はふよふよ…


フッ…年をとると肉の弾力もなくなるものね。

お気の毒さま。

私はこんなにぷりぷりよ?!



などとオッサン連中を見下していたものですが…


「これはちょっとやそっとでは揉み解せないよ?」

そんな先生の言葉が私を奈落へと突き落としました。


老いは確実にやってくる。


ガチでまだ成長期くらいのつもりでいました。

だって数年前測ったら、身長が3㎝伸びてたんだもの!!


ちょっとやそっとで揉み解せない、疲れをためこんだボディ…


老いは既に訪れていた。


私に何の断りもなくっ!!


そんなボディに先生の指は容赦なくめりこみます。


「ぐぅっ…」

「ははは、痛いか?痛いやろな。指入らんわ」


でも私は耐える。耐えてみせる。







……



………

















……




………








?!






せっ、先生っ、そこはっ?!


二の腕を揉み解しながら、時々思い出したように私の大切な上乳(父上ではなくてよ!)をぽよぽよとさせるのです。

確かに上乳も凝ると思う。
きっとリンパやらなんやらの関係でやらなければいけない、やった方がいいに違いないんだ!


ぐいぐいぐいぐい…ぽよぽよっ、ぽよぽよっ、

ぐいぐい…ぽよっ。



なんか、揉み解してるというより揺らしてるだけっぽいのだけれど。


…医療行為って信じてていいのよね?!


うっすら寂しいヘアーの小太りの先生と二人っきり。
カーテンで閉ざされた空間でのこの気まずい時間…
先生がエロオヤジに見えてくるのです。

痛み以上の忍耐を強いられます。

はっきり言ってもう行きたくないです。


でも…


あと一回行かないと元が取れないのです。



一ヶ月3000円で通い放題があだとなりました。

ranking
ちっとも癒されません。
【2007/04/26 00:41】 世迷い言 | track back(0) | comment(35) |

list カンゲキ!

。・゚・(っД`゚)・゚・。


みなさんありがとう!


ここ数年こんなに嬉しいお誕生日はなかったです。


急に思いついた企画にこんな大勢の方に参加いただいて…


それに、あれだけ「お祝いの言葉はいらん!」と固辞しておきながら、コメントやらメールやらで「おめでとう」を言われてみると、やっぱり嬉しいもんだなって思いました。


おまけに…
昨日はゆうしゃのしるしを作るのに情熱を傾けすぎて力尽きてしまったため、今日みなさんのところにお邪魔したのですが…

KKMDさんBSさん恵以子さんがご自分のブログ内で私の誕生日に触れてくださってました。


KKMDさんからいただいたバースデーカード。

バースデーカード


美しく咲き誇るピンクの薔薇よっ?!



まるで私のようじゃなくて?!


:´∀`)≡〇)`Д゚).・;'∴アウッ



と、とにかく。



素敵な皆さんに祝っていただいて、○○歳が特別な一年になるような予感すらしてきました。



puriri、カンゲキ☆


あっ、年は結構(かなり)いってますが還暦じゃないですよ?!


赤いちゃんちゃんこを着るくらいなら

赤いモビルスーツに乗ってねり歩きますよ?!



まぁね…同世代とおぼしき方やら直接お問い合わせくださった方には年齢バラしてあるのですがね…


ガチでびっくりされている方がいたとだけは言っておこう。


隠すつもりはないけれど…


聞かないでください。


コメントやらなんやらでだいたいのところは推察されましょうけれど。


女は秘密があるからこそ美しいのよ。


覚えておきなさいボウヤ。



あー、嬉しさのあまり妙なテンションですわね。いや、いつもとたいして変わらないか?

誕生日を迎えた途端届いたお祝いメールが富士通さんからのものでちょっとテンション下がってましたが、みなさんからのお祝いで今世紀最高にテンション上がりました。

くっそ…どう表現してもこの感謝の気持ちが伝わらない…

とにかくハグしてキスしてなめまわしたいくらいです。
(これでは明らかに感謝じゃなくて嫌がらせだわね)

自分の語彙の貧しさが歯がゆいっ!


企画、これにて締め切り…とするつもりだったのですが、キリが悪いので


4月25日0時をもって終了とします。


2日に渡って祝ってもらおうなんて我ながらずうずうしいにも程があるわね。


審査結果は後日、記事上でたっぷり弄らせていただいた上発表させていただきます。


本当に嬉しいお誕生日でした。


ありがとうございます。



忘れられない年になりました。

ranking
年齢は忘れたいですが。
【2007/04/24 23:02】 心の色 | track back(0) | comment(40) |

list 企画の途中ですが

お仕事そっちのけでおうじゃのしるしを作っていました。

金・銀・銅です。

独断で選ぶ上位三名さまにバナーという名のおうじゃのしるしを贈ります。

まぁもらってもどうしようもないんですけど…

背景に情熱を注ぎ込んでそれなりに金・銀・銅に見えると喜んでいたものの、文字を入れてしまうとグラデーションが隠れてしまいました。


いつだってpuririの情熱は空回り…


途中でデザイン変更したので背景以外は全部同じ柄となりましたがご容赦ください。


ゆうしゃのしるし(参加賞)も作成予定です。



まだまだ勇者募集中です。




ranking
【2007/04/23 20:11】 世迷い言 | track back(0) |

list 企画説明

説明の文を一番上に固定しようとしたら消えました。

再度説明をば。


どなたでも参加いただけます。

一見さま大歓迎です。

ロムラーさまもこの機会にぜひご参加ください。

設問は5問。

コンプリートしていただけると嬉しいですが、お好みの設問のみへの回答でも結構です。

一つの設問に対しての回答の回数に制限はありません。

過剰にエロスな回答は謹んでいただきたいですが、基本、下ネタは禁じ手ではございません。

オヤジギャグも大歓迎でございます。

puririの誕生日を笑いで彩ってくださいませ。


設問はこの記事の下にあります。


奮ってご参加ください。



早速の参加ありがとうございます!

ranking
puririカンゲキ!
【2007/04/23 00:35】 世迷い言 | track back(0) |

list 小粒でピリリ企画 其の五

女将


女将を呼んで何をするつもりなのでしょうか。


妄想を膨らませ、お答えください。




ranking
【2007/04/23 00:04】 世迷い言 | track back(0) | comment(32) |

list 小粒でピリリ企画 其の四

謎は


謎は…解けた。


一体どんな謎が解けたのでしょうか。

自由な発想でお答えください。





ranking
【2007/04/23 00:03】 世迷い言 | track back(0) | comment(40) |

list 小粒でピリリ企画 其の三

制服


言いたい事は色々とありますが、この勇気は素晴らしい。

そんな彼女の勇気を讃え、設問としてみました。

キャッチフレーズをつけてみるもよし、彼女の半生を振り返るもよし。




ranking
【2007/04/23 00:02】 世迷い言 | track back(0) | comment(30) |

list 小粒でピリリ企画 其の二

クロス


闘う男たちの姿は美しい…

この状況に台詞、説明等自由につけてみよう。




ちなみに一つの設問に複数回答もOKです。





ranking
【2007/04/23 00:01】 世迷い言 | track back(0) | comment(31) |

list 小粒でピリリ企画 其の一

たそがれ


子猫時代にやってきて10余年…

人生の黄昏を迎える「だっちょさん」♂(去勢済み)…

彼の胸の内を表現してみてください。

ポエム、一発ギャグ、短歌、俳句、長文もOKです。
(制限特になし。自由な発想でどうぞ!)


小粒でピリリ企画、スタート!





ranking
【2007/04/23 00:00】 世迷い言 | track back(0) | comment(29) |

list TPO

いくら土曜出勤だからって…

スカジャン


会社にスカジャンはまずかったか?


まぶしいね!てかてかだよ!


ちなみにボトムはメンズのアバクロのジーンズなのですが、はいていると必ず「ドム」と言われます。なぜっ?!


でもほんとに一番ヤバいのは、ホームセンターコー○ンで買った


780円くらいのつっかけです。



てへっ


てへっ☆




セレブへの道は遠く険しいのだ。



チンピラだね!

ranking
こういう日に限ってはるばる東京からお客さんが来たりするのだ。





下記記事にてお誕生日イベントのお知らせをしています。
よろしければご覧になってください。
そして参加していただけると幸いです。
【2007/04/22 00:27】 世迷い言 | track back(0) | comment(26) |

list 小粒でピリリ

もうね…

ここしばらくの長文ったらないよね…

まあ長文は私のデフォなんですけどね。

ピリっとスパイシーな短文でキメたい時もあるわけですよ。

できれば三記事書くごとに一記事程度の頻度で、ウィットに富んだ短文を書きたいと思う次第なのですよ。

星新一さんという作家さんをご存知でしょうか。

短いけれどウィットに富み、克つ説明不足な所は一切ない。

私はこういう作家さんこそ評価されるべきではないのか?!と幼心に思った事がありました。

今はどうか分かりませんが、原稿料が1枚なんぼだった頃は随分と苦労なさったのではないでしょうか。

ギュっと凝縮された小宇宙。

そんな文を、私も書いてみたい。

書きたいんだよ短文を!

無駄


うん…無駄だね。

無駄なあがきだよね…

ホントに一番好きなのは沼正三だしね…


ホラホラ、そうこうしているうちに、今日も長文の様相を呈してきたね。

笑いたければ笑えばいいさ。

高笑い


ここは一発、ポエムでも書いてみるか?

それとも俳句とか?

しかしこの私がポエムで歌うような響きある文や、限られた文字数に思いのたけをつめこむ事ができるのだろうか?!



無理



絶対無理




20060829200319.jpg





俳句もポエムも、一朝一夕ではなかなか難しいものがある。

強引にやってしまうのも一つの手かもしれない…だがっ!詩情のかけらもない私にはとてもクリアできそうにない。


かつて、一枚の写真から皆がイメージを膨らませ、秀逸なコメントを残してくれた事があった…

簡潔でありながらウィットに富んだ、あのコメントの数々。

私が得るべきものはそこにあったのだ。

私は今一度、皆に教えを請う!


ってことで、開催したいと思う次第なのですよ。


大喜利大会を。


どうだっ?!参加してくれるかいっ?!

















……








………







ど、どうしたんだみんなっ!!




あの情熱を一体どこに置いてきちまったんだい?!




お前ら…変わっちまったな…




でも、俺は信じてる。




お前らの瞳の輝き、あの頃とおんなじだって事をさ…

きらーん


ぎらぎら


しろめ



ということで、来る4月23日、いやらしくもpuririのお誕生日に開催致します。


めでたくもなんともないお年頃なので、お祝いの言葉はいりません。


まだ使用画像など何も考えていません。


正直、この記事を書きながら思いつきました。


奮って参加してください。←強引



お祝いの言葉はほんとにいりません。




【日時】 
4月23日0時より(締め切りは次の記事アップまで。要するに未定)

【参加資格】 
年齢、性別、国籍不問(日本語でヨロシク)
一見さん大歓迎
仮名、偽名許可

【賞品】
何か考えときます




大喜利で○○歳を迎えたいの…○○の数字は詮索しないでください。

ranking
お祝いの言葉はいりません。言葉は…だ。
【2007/04/21 02:51】 世迷い言 | track back(0) | comment(29) |

list 90分一本勝負!

その後腕の痛みはどうなったか…

結局整骨院では痛みがやわらぐことはありませんでした。


痛みで眠れない夜なんてもうまっぴらさ!


整骨院から戻り、バファ○ンを一粒だけ飲みました。

あの小さい一粒が、私の胃壁から吸収され、体中を駆け巡り…

バファ○ンすげー!

腕の痛みがすっかりなくなり、その夜はもう一粒追加で飲んで、安らかに眠る事ができました。

翌日は押さえると少々痛いものの、痛み止めを飲むほどでもなく、無事お墓参りへと行けたのでした。

お墓参り後、日ごろお世話になっている会社の社長が経営する串カツのお店に行きました。

おっ…お兄ちゃん!!

若


お兄ちゃんの経営するちゃんこダイニングが同じビルに!

個人的にはこちらに行きたい!

しかし会社人としてはっ…!

後ろ髪を引かれながらエレベーターに乗り、社長のお店へ。


詳細をいまいちよく分かっていなかったのですが、


串カツ90分食べ放題!


+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚:.。+゚


牛串も…エビも…エリンギも…

カレーもごはんもサラダバーもデザートも…

自分でまきまきするソフトクリームまでっ!


みんなみんな食べ放題よっ!!


社長ステキ!太っ腹!抱いてー!!


残念ながらいのししさんは家族サービスのため戦線離脱。


アンタの分まで満喫すると誓う!


好きな食材を選び、自分で揚げるというシステムです。

目の前で油がたぎっていると、妙にテンションが上がります。

火をおこし、目の前で獲物を焼いたかつての記憶がDNAに刻まれているのでしょうか。


「適当に選んで来て」

というボスの言葉に私と黄桜は燃え上がり、

豚 鶏モモ ささみ エビ ホタテ ししとう しいたけ ウインナー 牛 ズリ たまねぎ じゃがいも さつまいも…

串カツ

わんぱくに食べすぎて画像はこれしか撮ってません。
しかもフライヤーに入れるのは6本までって注意書きがあるのに10本くらい放り込みました。


「いきなりそんなたっぷり持って来るなよな!」

との罵声をものともせず、さらにおかわりを…

わんぱくに食べ、飲みまくり、人心地つきました。


「そういえばサラダバーもあったのよね」

「そんなんもっと早く言ってくれ!」


サラダバーには私の大好きな杏仁豆腐と生パインが!!

てんこもりの杏仁豆腐とパインを見て、黄桜は

「ぷっ…このタイミングでそういう食べ方…」

と笑うのですが、このタイミングを逃していつ食べるのか?!

めいめい野菜サラダと杏仁豆腐で箸休めし、またも戦闘開始。


なにしろ90分食べ放題ですから。


しかし、このへんで妙な時間にビールとともにヒレカツとエビフライサンドを食べた事を激しく後悔。


油もんはもう…かなり辛い。


ボスは既に戦線離脱…というよりは、飲みに徹しています。
この時間(4時過ぎ)に焼酎てー!
いくら飲み放題にしたとはいえー!
ここ京都やでー!

新世界の串カツ屋ちゃうねんでー!!


黄桜「俺、調子乗って食ってたけど、病み上がりやねんな」

puri「アンタ、まさか…!もう戦線離脱するっていうんじゃないでしょうね?!」

黄桜「いや、まだ大丈夫。なんかスープみたいなんなかったかな」

puri「そういえばごはんの近くにお吸い物っぽい袋があったような…」


そして現地視察に行った黄桜は味噌汁を発見。

黄桜「もう無理やって時に味噌汁飲むと結構回復するねん」

その言葉に違わず、またもアグレッシブに食材を調達し、衣とパン粉までも追加して戻ってくる黄桜。


戦いはこれからだ!私も頑張る!


それでもさすがにもう男性陣と同じような食材は無理。

「ゴメン、もう豚バラは食べられないよ…」

「分かった。これからはめいめいが好きな食材を自己責任で取って来る事にしよう」


エリンギ、こんにゃく、シイタケといったローカロリー食材を選択。


でも、もう油の匂い自体がたまらなくダメだ…


そんなpuririの目に飛び込んできたものは


お茶漬け海苔


お茶漬けで油にやられた鼻と胃を落ち着かせ、更なる戦いに挑む。


どうだっ!この高等戦略テクニック!


意気揚々とお茶漬けを作り戻ったpuririに浴びせられる罵声。


「お前ー!この後に及んでお茶漬けかよっ!」

「いやっ、お茶漬けを食べればきっと復活するんだっ!…うう、お茶漬けうまい…」


策に溺れるとはこのことか。


お茶漬けを半ばほどまで食べ進めた頃、既にお茶漬け自体が無理になってきたのだった。


「ううう…ゴメン、もうダメだ…」


puriri、戦線離脱か?!


味噌汁でパワーアップした黄桜の戦いっぷりを目にし、


私も負けられへん!!


そう思い、お茶漬けを平らげ、さらに杏仁豆腐とパインのおかわりをするpuririに対する皆の視線は冷ややかだった。


「思いのほか食うよな」


いやっ、違うんだ!大食いなんじゃないんだ!

でも杏仁豆腐なら食べられるんだっ!

いわゆる別腹ってやつなんだっ!!


「別腹って…なぁ?」


「確実に入るところは一緒やぞ?」


そんなおためごかしどうでもいいんだ!


今、腹に入る。


それで充分ではないのか?!

なあ…そうだろう?同志たち。


終了15分前に更なるラストスパートをかけ、食事の時間というよりおやつの時間に近いにも関わらず、最終的に64串の串カツを食べました。
時間的なハンデと年齢的なハンデを考えると、結構食ったよね…。



食べ放題とは人を熱くするものだ…

この飽食の時代、何も蓄える必要はないはずなのに、確実に蓄えてしまっただろう。



自制心


人として、女として、この言葉を忘れてがむしゃらに食べた自分を今恥じています。


だがしかし、


我が戦いに悔い無し!!





ソフトクリームをまきまきできなかったのがちょっと心残りです。

ranking
一生に一度はまいてみたくないか?!
【2007/04/20 00:14】 格闘 | track back(0) | comment(25) |

list きょうはJRの奥さまが電話したいです(BlogPet)

きょうはJRの奥さまが電話したいです。
いやきょう、JRと予定しなかったよ。
ただきょうにゃんぱらりがJRとボスへ大騒ぎした。
実は京都まで合流しなかったよ。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「にゃんぱらり」が書きました。
【2007/04/19 12:36】 世迷い言 | track back(0) | comment(4) |

list やっと会えたね

3人の中年男子たちの議論の間中、京都の方々の視線に晒し続けられました。

恥ずかしい…もしかしてこれはプレイか?


プレイなのか?!


しかし羞恥に頬染めるpuririを見てにやつくメンバーは誰一人おらず…

「よしっ!こっちで間違いない!」と最終的な決定はボスが下しました。
本当にこのボスに決定を委ねてよかったのだろうか。

決定する力と有無を言わさず相手を従わせる事ができるカリスマ性はあるものの、どんなに理路整然と説明を受けても「理屈はどうでもいい!」と早すぎる判断を下すボス。

この決定も早すぎたのではないのか?

何より今回の一番のミス、寺の名前を忘れたのはボスではないか。


ほんとに信じていいのか?


しかし見知らぬ土地でボスを説得する力は私にはない。
地図を見たところで私には何がなにやら分からない。
私の頭の中の地図には東西南北はない。
上下左右となっているのだ。
そして斜めの概念がない。
ファミコン時代のドラクエと同じなのだ。


ここは信じるしかない。

当初決めたとおり、今日はただついてゆくのみだっ!

ボスは相変わらず自分のペースですたすたと歩く。
その後を黄桜、私、いのししさんが追う。

黄桜「いい天気やー。ビール飲みたいな」

puri「飲みたい飲みたい」

猪 「あそこに『酒』って書いてある」

ボス「我慢しときって。我慢したら後でもっといい事あるから」


京の街並み

京の桜

いい事を期待しながら撮った京の風景。
ちっとも京っぽくないけど京です。


我慢して歩きます。

歩きます。

歩き…


黄桜「なぁ、もうええやろ」

猪 「おお、ええ感じに自販機あるぞ」

ボス「まあ待ちって」






……



………



puri「実は私知ってんだよね」

黄桜「何を?」

puri「ボス、ここに来る前に自宅で朝っぱらから飲んでんだよ


「なっにぃ~!!!お前ずるいぞ!!!」


3人で束になりボスを責め立てるも、酒の力というのはすごいものです。
我関せず、薄笑いで先をすたすた歩くボス。

しかしボスも鬼ではなかった。

目的地まであと少しというところで、情報収集のために入ったお店でビールにありつけました。

やっとー!


朝から何も食べていなかったので、ビールを一口飲んだ後、サンドイッチが来るまで待つpuriri。


黄桜「すいませんおかわり」

猪 「あ、俺も俺も」

puri「なっにぃー!私サンドイッチ来るまでゆっくり飲んでたのに!」

猪 「俺パンいらん。中身だけくれ」

puri「食わなくていい」


ミックスサンド

エビフライ&ヒレカツサンド


puri「あ、エビフライサンドおいしい。いのししさんも食べてみなよ」

猪 「上のパンだけ食べてくれ」

puri「もー、しょがないなー」

猪 「あ、うまい。下のパンもうまい」

puri「そやろー。カツサンドは?」

猪 「いらん。そのパンだけくれ」

puri「もー!!最初っからサンドで食べろよなー!!」


二人がサンドイッチで争っている間、黄桜はウェイトレスのおねえさまから情報収集。
やはり地元の方も住所と地図だけでは分からないようです。

ガイドブックやら地元の地図やらを出して来て親身になって探してくださいましたが分からず、寺の名前が分からないというのは致命的なミスだったと改めて確信しました。


もうこれは恥を忍んで電話するしかない。

電話は一体誰がするべきか。

さすがにボスが電話するのはまずい。

puri「私はかけることはやぶさかではない」

黄桜「どういうスタンスでかけるんや?」

puri「一人でお墓参りの訳あり風で」


黄桜「おっさん墓の下で今頃波風立てるな言うて怒るわ!」

puri「まあ女の私がかけた時点で怪しいわな」

黄桜「ボスが急病で来れなくなったということで…」

結局その後ボスが焦れて電話したのだっただろうか。黄桜が策を弄して電話したのだっただろうか。

熾烈なサンドイッチ争いでその辺詳しく覚えてないのですが、無事寺の名前をゲット!

あんなに「『じょう』って字が入っていた」と言っていたのに1ミリも「じょう」らしき字が入っていない。

苦情を漏らそうとしたものの、2杯目のビールですっかりいい気分の3人には何を言ってものれんに腕押しだと判断し、黙ってサンドイッチをたいらげました。


目的地はほんの数100メートル先でした。

とっても立派なお寺でした。

puri「えらい立派なお寺やな…」

猪 「観光で来るようなとこちゃうん。お墓なんかあるんか?」

おっちゃんすげー!
生前の功徳が高かったんじゃないかと思わせるとこだね!
私も妹に骨は海に捨ててくれって遺言を残してあるのだけれど、最近は何かと規制が多いらしいし、何より環境を汚染…破壊しかねない!

海が叶わないならこんな立派なとこに納めてもらいたい!

そんな立派なお寺でした。

コンピュータで管理されており、受付で名前を言うと検索してくれ、場所を教えてくれるのです。

お寺とハイテク…なんか違和感を覚えるのだが、時代は変わっているのだ!

そして訪れた先は、お墓というか仏壇みたいになっていました。

ぱかっと扉を開けると灯りがともる。

火気厳禁ということでお線香もここではあげることができません。
お花とおっちゃんの好きな甘いものを供え(これも置いてたらダメらしい)、めいめい手をあわせます。

『おっちゃん…やっと来ることができました。他の3人はきっと重いお願いをしていることとは思いますが、私はおっちゃんに会いたくてきました』

こんなとこでもいい子ちゃんになりたいpuriri。

そんなpuririに天罰が訪れる。


お供え物は個人の場所でなく、最終的にお堂のようなところに納める事になっているのですが、お花を供えようと向かった先に…。


puri「はっ…鳩がっ!」


黄桜「大丈夫大丈夫」

puri「でっ、でも花瓶(?)にとまってる…なんであんなとこに…」

黄桜「闘えー!puririっちー!」

puri「うっ、うおぉおお~~!!」

ファイティングポーズで気合を入れると、鳩は去りました。
一安心してお花を供え、お線香をあげようと3人のいる場所に近づいていた時に

ばさばさばさっ!!

「ひぃぇええええ!!」

鳩が私の顔をかすめて飛んで行ったのです。


そう、実は鳩がダメなのです。


土鳩というのですか?あの赤い目で首をきらきらさせている奴がダメなんです。

あの目は絶対悪巧みしてる目だ!

なにさっ!きらきらさせちゃってさ!!


恐怖にぷるぷるしながら歩く姿に腹を抱える3人…

くっそう…今に見てらっしゃい!

具体的な仕返し案は思い浮かばないまま線香に火をつけ、手をあわし…

『おっちゃん、私たちはこんなに元気です。うるさくてごめんね』

なんとなく思っていた厳かな気持ちでの墓参りと違うような気がしつつも、今日来ることができてよかったな、と思ったのでした。


また、会いにくるね。



「もう来るな」って言われかねないね…


ranking
「相変わらずやな」って笑ってくれてたらいいんだけど。
【2007/04/17 12:00】 心の色 | track back(0) | comment(33) |

list しかし、なにもおこらなかった。

お墓参りに行ってまいりました。

前々回記事のおっちゃんのです。

桜を見るとおっちゃんを思い出すのは私だけではなかったのですね。
ちょっと感動。

前々日に奥さまに電話をして場所を聞くことになったのですが、黄桜は

「お前(ボス)が連絡するのが筋や」

とボスに一任しました。

そして住所とお寺さんの名前をメモし、ネットで地図検索し、当日への準備は万端でした。


そして当日。

体調不良の黄桜からの連絡を待ち、その日の予定が決まるという段取りになっておりました。

9時過ぎに予定の連絡が入りました。
黄桜は這ってでもお参りに行くと、意欲満々の模様。
梅田でボスと合流し、その後黄桜といのししさんと合流です。

前日、やはり腕が痛かったもので、バファ○ンを飲んでなんとか眠れたという状況だったので、


まだ時間がある…


そう思って小一時間ほど眠りにつくつもりでした。

が、目覚めたのは二時間以上後でした。



11時を過ぎている…!!


あれっ?!集合時間言ってたよな?11時だっけ?11時だったような気がするっ!!
いくら心優しきボスといえど、今日ばかりは鬼と化すに違いない!


ボスは怒ったら恐いんだ!


「こぉのハナクソがぁ!」

と割り箸を投げるボスには屈強な男性も震え上がるんだ!!

「ぼっボス、ゴメンナサイ。二度寝して今起きましたけど、集合は11時でしたっけ?」

「ぷっ…やらかしたか。12時集合やけど12時半で間に合うから今から用意して、出る時また連絡して。俺まだ家やし」



ヒイィィィ…助かった!!


よかった…ハナクソ呼ばわりされなくて…

しかしゆっくり今日のコーディネートを考えている余裕はない。
ボスの怒りの前にはオシャレどころじゃねえ。

速攻で用意し、大阪駅前行きのバスに飛び乗りました。

梅田で無事ボスと合流することができました。

もちろん

「おめーなにやってんだよー」

という一言をいただきましたが。よかったハナクソじゃなくて…


出不精の私は電車の乗り換えに不安があります。
地下鉄はなんとかなります。
しかし他の電車は駅の場所すら分かりません。

すたすた歩くボスに自分のペースを必死に合わせ、人ごみを縫って歩いているうちに、なんとなく「こっちだ!」という予感がし、左の方向へふらふら~と歩いていると、

「お前、JRでどこ行くつもりやねん」

と罵声が飛びました。



Σ(`Д`;≡;゜Д゜)!!



「あああ…京都」



「阪急で行くねんぞ」

「ハイ…」


もう野生の勘で歩くのはやめよう。


今日はただひたすらボスについてゆこう!


そして改札を通るのもボスの後にピッタリとついて(切符は通しましたよ!)電車に乗り…

大幅に遅れて黄桜、いのししさんと合流…

黄桜といのししさんの間で以前から、ボス、私、黄桜の3人のうち、誰の遅刻が一番多いかのカウントをする事になっていたらしく、そのカウントがこの日、始まっていたらしいです。

「んで、今日の寝坊はどっちや?どうせお前(ボス)やろ」

「こいつ(私…)11時まで寝てやがったんだよ!こいつのせいなんだよ!」

「だ、だってオイラ、腕が痛くて前日眠ってなかったんだ!」

そんな言い訳が通るわけもなく…


栄えある1ポイント目をゲットしました。


最終的なウィナーは、一番発表してほしくないシーンで結果報告という不名誉な罰があるそうです。
くそ…こういう勝負ではウィナーにはなりたくない。


黄桜「そんでな、大変な事実が発覚してんやけどな」

puri「えっ、なになに」


黄桜「実は寺の名前、誰一人覚えてないんや」


…(・ω・)≡∑(゜д゜;)ナニ!?


puri「ええええ?電話して聞いてたんちゃうのー!」

ボス「住所聞いて安心してメモってなかったんや」

黄桜「確かこいつ(ボス)が電話しながらメモってたんは、ひらがなで『じょう』って書いて、あと漢字一文字書いてやってん」

puri「じょうって…京都に『じょう』のつく寺がいくつあると思ってんのさー!!」

猪 「まんぷく寺とかちゃうん」

puri「いっこも『じょう』が入ってないやんか!」

黄桜「ひらがなで書いていたということは、おそらくこいつの中で思いがけない漢字だったはずや。漢字で書いてた一文字は、想定内の文字だったはず。漢字2文字の寺や。○○寺やねん」


puri「そんな分析ちっとも役にたたねぇ~!!」


ボス「大丈夫だ、俺は住所から検索した地図をプリントアウトしてある!」

黄桜「その周辺にいくつ寺あると思ってんねん!マップだけて!ドラクエか!」

puri「私たち…Lv1の初期装備状態なのね…」


ああ…ほんとこの場からルーラを使って逃げ出したい…

とにかく最寄りまで行って、最終的にまた電話して聞こうということになりました。


目的の河原町まで到着。

そして人通りの多いところで


「東はどっちだ!」


と大騒ぎする中年4人…

明らかにガン見して笑いながら通り過ぎる若者を発見し、急にしょぼくれるpuriri。
しかし中年男子たちの議論は止まらない。

「あっちが北やろ?」

「いや、こっちが北やって」

「あ、あっち側行ったら○○社長の店」


○○社長の店なんて関係ねぇ~!!


いや、お世話にはなってるんだけれどもね。

今このタイミングでその情報は必要ではないと思うんだな。


本当にたどり着けるのか?!





どうする?!どうするよ俺?!

ranking
続く!
【2007/04/16 02:16】 世迷い言 | track back(0) | comment(20) |

list 半分は優しさでできていますが高くつきます

これまで頭痛の際はバファ○ンのお世話になってきました。

しかしそれ以外の痛みはただ痛みが通り過ぎるのを待つのみでした。

暗いところで布団にくるまって唸っていると、いつのまにか眠りに助けられ、目が覚めたら回復、という感じでした。

眠れないほど痛いという歯の痛みも、私には経験がありません。

以前ちょっと違和感を覚えて、妹が歯科衛生士をしている歯医者さんに挨拶がてら行ってみるかーと行った事があります。
妹が勤めていなかったらきっと行ってなかったね。
ちょっとすぅすぅするなーくらいでしたから。

しかしちょっとした治療で済むと思っていたのですが、思いのほか難航しました。

結構奥深くまで虫歯菌に蝕まれていたらしいです。
先生曰く、「神経が細いから痛みを感じなかったんやね」との事でした。

よく無神経な人のことを「神経ずぶとい」と言いますが、多分逆です。

そんな私も一昨日「痛みで眠れない夜」を出産以外で初めて経験しました。

右腕が痛くて痛くてしようがなかったのです。

右ひじを中心に鈍い痛みが湧き上がってくるのです。

午後からなんとなく違和感があったのですが、時々ある事なのでさして気にもせず仕事をしていました。

しかし時間が経つにつれ、なんか痛い。
どんどん痛くなってくる。

なんやねんこの痛み…

訝りながらも仕事を終え、帰宅してパスタを作りました。

結構おいしくできまして、ウキウキしながらフォークでパスタをまきまきしていたのですが…

まきまきする右腕が痛い!

それもまだ我慢できる程度だったので、なんとか食べ終え、女神転生Ⅲを楽しんでいる途中でいつものようにまた意識がなくなったのです。

ほんの一時間ほどうとうとしていたでしょうか。

ボスから翌日の予定の再確認の電話が入り、電話を切った途端、




…イタイ…







イタイ…










イテェ~~~~!!!!




なんなんだこの痛みは!!

しかし、体を支えるために右腕を使ったり、何かするには差し支えないのです。
ブログの更新も済ませました。

この痛みは耐えられる痛みのはずだ!

そう思ったものの、それから痛みのせいで一睡もできず…

痛みで体にふるえが来るのです。

辛い…辛いよ。

そうしてまんじりともせず夜が明けました。

この痛み、もしかしてシャワーで温めるとよくなるかもしれない。

早朝からシャワーを浴び、右ひじを中心に温めるものの、傷みの去る気配なし。

もしかして悪い病気かもしれない。


ドキドキしながらも、私がいなくなっても悲しんでくれる人はいるかもしれないけど困る人はいないな。そう思ってちょっと楽になりました。

自分って結構腹据わってるよなー。

そう思ってシャワーを終え、アラームを解除しようと携帯を手に取ると2件の着信とメール。

ボスからでした。

メールの内容は

「黄桜さんダウン!!」

これはどうあっても本日は出勤してくれというメッセージであります。

オイラなんて骨肉腫かもしれないのにーー!!

そしてボスからさらに追い討ちの電話がありました。

「黄桜さんが熱出してもーてな」

「はぁ…」

「puririっち、今日は頼むわ」

「ウン…わかった頑張る」

「なんや、どないしてん」

「腕が…腕が…」(´;ω;`)

「腕どないしたんや」

「痛くて一睡もできなくて」…((((;ω;))))プルプルフルフル

自分の腹の座り具合に感心していたというのに、口に出して言った途端恐怖が襲って来ました。
声がふるふる震えてしまうのを抑えられません。

「どないや?今日大丈夫か?」

「大丈夫じゃないかも…でも、出ます。我慢できんようになったら病院行かせてください」

「よっしゃ。保険証持っておいでや」

「何も痛くなる事してないのに…骨肉腫とかだったらどうしよう…」

「なんやろな…まさか昨日大家さんの荷物運んだからちゃうやろな」

「あ」

そうだった…


実は昨日、事務所に大家さんがやってきて、

「男の人一人頼むわー」

と、黄桜が駆りだされたわけなのですが、ちょっと気になって様子を伺いに行ったのです。

大家さんがロフトに上がり、大きな籐なのか竹なのかラタンというのか?の立派なソファを降ろそうとしており、下では小さな奥さまと、黄桜が受け止めようとしています。

これは…二人で支えるのは無理があるのでは?

そう判断し、頼まれもしていない私がしゃしゃり出たわけなのです。

大家「ええかぁー!降ろすでぇー!」

黄桜「ええですよー!降ろしてください!」

puri「えっ?!ちょ、ほんま大丈夫なんっ?!」

大家「大丈夫かぁー?!」

黄桜「ええですよー!」

puri「いやっ、あかんって!」

大家「ほな行くでぇー!」


くっそぅ…ファイトぉ…お?おおお?!

おおおおお?!


黄桜「全然大丈夫!どんと降ろしてください!」


何言うかー!このカッパ野郎ー!!


奥様「あ、ほんと大丈夫だわ。思ったほど重くないね」


ふざけんなー!このエセセレブー!!


どうやらこの重みは私が一手に引き受けている模様。


puri「ちょっ…!あかんねんって!」


私の苦しい呻きを聞く者おらず…


下に降ろし、三人がかりで台車に乗せる際にようやく、

黄桜「あ、結構重い」


重いだろうよこのカッパハゲーー!!


そして台車に運ぶ際も、なぜか黄桜と奥さま二人がかりで私の反対側の辺を持ち、私は一人で後ろから支えるという状況。


なんかおかしくないかー?!


高いところにある重いものを降ろす際、下にいる者はただ受け止める体勢では非常に危険だと思うのですよ。

しっかりと持つ、むしろ上に押し戻すくらいの勢いで支え、ゆっくりと力を抜きながら降ろすべきだと私は思っているのです。

「いやー、俺落ちてきたのを支えるくらいのつもりでおったわ」

ばかたれー!!

妻を抱えて降ろすのと、落ちてくる妻を抱きとめるのでは全然負荷が違うだろー!!


そう、そんなエピソードがあったのです。


謎は解けた…


頼まれもしないのにしゃしゃり出て、一人で尋常でない重さのソファを支え…

そして黄桜が感謝され…


【翌日の出費】



整骨院代 3000円(1ヶ月フリー)



患部を温めるホッカイロ 34円×3



puririの真心 プライスレス





大家さん…
お世話になってるから言いたくないけど…


請求させてもらっていいですかね?!



腕がパンパンなんだって。

ranking
ちょっとやそっとで揉みほぐせないって…メソ
【2007/04/15 02:05】 世迷い言 | track back(0) | comment(36) |

list おっちゃん、桜が咲いたよ。

満開


はうぅ…ε-(´―`*)


なんて美しいのかしら…


えっ?私のこ…あうっ!(`・ω)r鹵~<巛巛巛~~' (*´Д`)


桜


このつぼみのほんのりピンクがまたたまらなくカワイイわよね。


桜のじゅうたん


散った花びらもまた風情があっていいわよね。


長い事花見なんて行ってないけど、日常の何気ないところでこうやって花を愛でるのって素敵よね。

桜も見ずに大騒ぎの花見イベントなんて無粋だわよ。


そう、無粋よ無粋。


べっ、別に負け惜しみじゃないんだからねっ!


誰も花見に誘ってくれないとか、

そんなんじゃないんだからっ!



((((;ω;))))プルプルフルフル













誰かお花見連れてってください。



ちょっと湿っぽいお話が続きにあります。
おつきあいいただける方は続きへどうぞ。




ranking
続き
【2007/04/13 01:51】 心の色 | track back(1) | comment(39) |

list おかしいかもしれないけど(BlogPet)

痛いのは、まぁ、おかしいかもしれないけど
続きも読んでいって下さらない??


ザラ?
感が…

咳がごほん?
でますですっ!?w


うん



若干、
春と眠くって
最近、眠くってワタシや、ワタシとか眠くってすもんなど眠くって
とか書いてみるの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「にゃんぱらり」が書きました。
【2007/04/12 12:43】 世迷い言 | track back(0) | comment(4) |

list 走召可愛レ)ょね。+゚d(≧ω≦*)。+゚

ふふふ…

み~つ~け~た~…(*´∀`)ニタァー






野良親子




こいつぁご馳走だぜ…


(;´Д`)ハァハァ (*´Д`)ハァハァ (*´д`*)ハァハァ (;゚∀゚)=3ハァハァ (*゚∀゚)=3ハァハァ



週末からなんか声がしてたのよね。


みぃみぃみぃみぃとね。


今日、意を決して壁の3センチほどの段差を足がかりにして窓によじ登り、隣の自動車修理工場との隙間を覗いてみたの。

見たい



そしたらなんと、いるわいるわ。

熟れ頃の、白黒ぶちぶちとしましま。


そして新しい命が…!


画像では確認できなくてごめんなさいね。
つか猫であることも分かりづらいね。
なにぶん足場が悪いのと、限界までズームにしたの、それと今のケータイは両手でないとうまいこと画像が撮れんのよ…窓枠にしがみついてたからね。


確認できただけでチビッコ2匹。


山盛りだぜ…

たまんねぇよ…



(;´Д`)ハァハァ (*´Д`)ハァハァ (*´д`*)ハァハァ (;゚∀゚)=3ハァハァ (*゚∀゚)=3ハァハァ

はあはあ


おそらくあと2~3匹はいるね。量産型だね。


チビッコもぶちぶちだったので、おそらく本当の母親はぶちぶちの方だけだと思うのよ。

しましまの奴はきっと、自分が産んだと勘違いしてるんだよ。

昔飼ってた猫も、姉妹が産んだのを自分の子と思い込んで、子猫から離れなかったのよね。
小さいカゴの中に猫が満タンで身動きもままならないというのに出て行こうとしない。

あろうことか、実の親をかどわかして自分のアジトに子猫を隠す始末…

2人2匹がどういう関係かは知りませんが、骨肉の争いは避けて欲しいと祈る次第です。



今日は帰りが遅かったので…

ranking
これにて御免!
【2007/04/10 02:59】 わくわく動物ランド | track back(0) | comment(41) |

list 受け継ぐ命

また


何とか試練を乗り越えました。

しかし3日目に感じていた苦痛も1週間目になるときれいになくなり、逆にハイになってきました。

ハイになった頭でつい

もう一回作っちゃうか?

と危険な事を考えてしまいました。

確かに本来使うはずだった牛の切り落としは冷凍庫で出番を待っています。

しかしっ、せっかく芽吹いた命を刈り取るなんて

あまりに残酷だ!

春の息吹


この状態から驚異的なスピードでにょきにょき伸びているのです。

何ら成長しない私を尻目に、彼らは確かに成長している!


なんて神秘的なんだ!


ハヤシライス3連発。

確かに魅力的だ。

自分の限界に挑むというのは素晴らしい。崇高な香りすらする。

それは踏み込んではいけない領域かもしれない。
それは神の領域か、あるいは悪魔の?

自由に空を駆け巡る鳥に憧れ、その憧れが人を空へと誘った。
今、憧れが私を突き動かす。

このまま鍋で牛切り落としとたまねぎを炒め、お湯を注ぎルゥを入れ…

たったそれだけの事なのだ。

だがっ!人はハヤシライスのみで生くるにあらず!

そして、

たまねぎだって生きているんだ友達なんだ!


こんな愛らしくいじらしいものたちを残酷に切り裂くなんて、


私にはできない!


ということで、ハヤシライス3連発への憧れはそっと胸に秘め、自分へのごほうびとして焼肉にしました。

塩ホルモンとレバーと牛切り落としで。


なんで焼肉用じゃないんだ?!





高いからです。





しかしやっぱ焼肉用でないせいか、獣臭さがありました。
レバーはもともとあんまり好きじゃないのですが、最近立ってても座ってても一瞬意識が消えそうになる事があるので貧血を危ぶんで買ってみました。
やっぱり好きじゃなかったです。
かなり苦痛を覚えながら食べました。

もうごほうびというより罰ゲームの風情です。

でも塩ホルモンはおいしかったです。
塩ダレ、今熱いです。


メインはちょっとびんぼくさい感じですが、ビールはちょっと贅沢なアレにしましたよ。
発泡酒は軽くて飲みやすいけど、やっぱビールはずしんとした強さがありますね。

食事によって飲み分けるといいかもね!


で、レバーは根性で食べたのですが(明らかにごほうび感はなくなっている)、切り落としはやっぱり残してしまったのです。

そして残った切り落としは翌日牛丼になりました。

春の息吹


懸命に生きる命と共に。



君たちの命、無駄にしない!

ranking
命のリレー!
【2007/04/08 06:55】 世迷い言 | track back(0) | comment(37) |

list しかし地中海へ小学館は豚へ一緒♪(BlogPet)

にゃんぱらりが地中海まで小学館と地中海へ赤身も回復したかった。
しかし地中海へ小学館は豚へ一緒♪
しかし地中海まで小学館が発見したかった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「にゃんぱらり」が書きました。
【2007/04/05 12:43】 世迷い言 | track back(0) | comment(6) |

list 春よ来い

最近、眠くって眠くって。


 


あぁ、あれですね。


だから、しょうがないんですね。うん。


心地よいですもんねー。


 


 


若干、喉が痛いのは、何故でしょうか??


 


ザラ②感が…


咳がごほん②でますです。でますですっ!?w


 


 


あらら??


何だか今日は、ワタシ、おかしいわっ!!ww


 


っと、まぁ、おかしいかもしれないけど


続きも読んでいって下さらない??


 


うふふ。


 


 


 


あっ、キモイですよね。


すみません。


 


 


うん。


 


 


 


 


 


 


 


 


 

続き
【2007/04/05 00:00】 just for you | track back(0) | comment(39) |

list 春の訪れ

我が家に春がやってきたよ!















……












………





























春の息吹

あーあ…


こないだハヤシライス作るときに買ったたまねぎさんです。






決して放置しすぎたわけじゃないんだ!!





昨日もフレッシュなたまねぎを使ってお料理したところよ?!





一日で芽吹いたんだから!





日曜日にハヤシライスを食べ切って、月曜日早朝に目覚めてお料理したの。




お仕事からくたくたになって帰って来た時にごはんができてると嬉しいじゃない?




それがたとえ自分で作ったものであっても。




嬉しい気分になりたかったんだ。




でも、アタシ、間違えちゃったのよね…





とろける






またハヤシライスになってしまった!!








まさかのハヤシ

まずそうなところも変わりなく。




ほんとに使いたかったのはこっち↓なのよ!!


ゴールデン




とろけるカレーっていうのがあるじゃない…
あれと勘違いしちゃったと思われます。




ほんとに入れるまで気付かなかったんだ…




入れた瞬間に湯気と共に昇り立つ香りで気がついたよ…




カレーのつもりだったから、またポーク…。





もー、puririったらうっかりさん キャハ☆




ちょっと茶化してみたけどね…





うっかりどころの話じゃねえ!!






これで自動的に1週間以上ハヤシライスを食べつづけなければいけないことになった。





こんなに憂鬱な帰宅は久しぶりです。




きっと、春のせいよ…

ranking
妖精さんのいたずらね
【2007/04/04 00:16】 すてきレシピ | track back(0) | comment(32) |
http://thatsping.jp/tagcode
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。