list スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

list 香りの魔力

頭がぎたぎたです。

度重なるパーマとカラーリングにより毛先がパサパサのボキボキなのです。

私はねじくれた天パなので、特に痛みやすいのです。
カラーリングはいつも暗めの赤にしてもらうのですが、色が抜けやすいため、しばらくすると明るめのきんきんになってしまうのです。

ブログ開設当初からあるにもかかわらず、2つしかアップされていない「アロマテラピー」のカテゴリに気付いている方はおられましょうか。
ワタクシ、日本アロマ環境協会認定のアロマテラピーアドバイザーでございます。

今こそアロマの力に頼ろうではないか!

ホホバオイル(クリア)に、髪にいいと言われるハーブ、ローズマリーの精油を数滴…というのが本当なのですが、ローズマリーの精油が残り少なになっていましたので、ダイナミックに精油の瓶にホホバを注ぎ込みます。

ホホバオイルクリアというのは精製して色を透明にしたものです。
精製してなくてもいいのですが、未精製のものはタオルが黄色くなるので私はクリアの方を使っております。

髪に少しずつ…と心がけ、手のひらに少し。

どば

思いもかけずたくさん出ます。
ドロッパーをはずしているためです。
仕方なく、こぼさないように髪になすりつけます。
これがなかなか馴染まないのはなぜでしょう。
コンディショナーの強力なコート成分によるものかもしれません。

髪がきしむ!きしきしだ~!

そういえば、足裏をマッサージする際などは角質のせいか皮膚がきしんで滑りが悪いような気がします。
伸びないうえにぼったぼたです。
それでもなんとかなすりつけなすりつけ、タオルを巻いて現在に至っております。

もう今日はお出かけは諦めました。

忘れていました。

私はローズマリーの香りが苦手だということを…
先ほどからずっと胸気色悪いのはローズマリーのせいです。
つんとくる香りを和らげるために焚いている、イランイランの精油の甘い香りが私の胸を悪くしているのです。

ほんとです。

30倍カレーのおかげでマヒした味覚が中辛カレーを物足りなくし、辛さ追加のために投入した

タバスコのせいではありません。

セット

4本セットなのですよ。


箱

この箱に収まってるのです。

私は結構タバスコを使います。
トマトのスープ、トマトのパスタなどが食卓に上ることが多いからです。
一味足りない時も、タバスコを入れるだけで風味と辛味、酸味がトマトの味を引き立てるのです。


バターで炒めたエリンギと牛の切り落とし。
中辛のルゥ(市販)で仕上げたカレーはいわゆる欧風と言いましょうか、とても上品なお味でした。

上品なんてくそくらえだぜ!

乙女にあるまじき思考ですが、その時確かにそう思ったのです。
慣れというのは恐ろしいものですね。
それまでは中辛で十分おいしくいただけていたというのに。

タバスコですから、入れる量さえ誤らなければそう大変な事になるとは思えません。
辛さ度数など書かれてはいませんが、食品パッケージというものはそのカラーにより味付けを区別しているような気がします。

の順に辛いであろうと踏みました。

黄色いラベルのフタを開けます。

ここで少々困った事実が発覚しました。

口

左上が通常のタバスコです。
右下がデスソースDEATH。

明らかに口径が違います。
なおかつよくご覧ください。
通常のタバスコの瓶は、口径よりもう少し中の穴が小さくなっているのです。
細かな気配り


なんという心配り!ビバ☆アントーニオ!!(猪木)

デスソース投入の際は、これまで以上に細心の注意を払わなければならない。

黄ラベルのフタを開け、香りを楽しみます。
つんとこない、フルーティーでマイルドな香りです。

そして一つ思い違いがあった事を発見しました。

黄色のラベルにはHOT と書かれています。
緑はMILDでした。

本当の順番は、の模様です。

黄色はオリジナルと銘打っていますので、これが基本。
黄色からいっきま~す。

心配したほどどばと溢れ出ることなく、2滴、滴下します。
マイルドです。

続いて緑。黄色よりは香りはフレッシュですが、辛さはさほどではありません。

これはもう楽々制覇ね!

そう思って紺色を香りを確かめることなく投入。

ぐぅ…っ!

舌に乗せた瞬間、頬骨が飛び出るほどの刺激が襲うのです。
口の中がかなりヤバイことになるのが分かります。

これは…味のゾロアスター教やぁ~

早速下あごがガタガタ言い出します。

思わず冷めたお茶を口に含みますが、確かBSさんが水分を取ったらダメだって言ってた…!

時、既に遅し。
口の中の刺激が増したような気がします。

そ、そういえばっ!choi-yaさんが熱いお茶がいいって言ってた!

朝から注ぎ足し注ぎ足ししていたジャスミンティーが入った急須が手元にあります。
急いで急須にお湯を入れ、暖かいお茶を口に含みます。

素晴らしい助言、ありがとう!
すうっと辛味が和らぎました。

ちなみに紺色は「HOTTEST」。最上級にHOT。

この時点で、もう次のステップに進む気力が8割がたダウンです。
しかし残りの2割の勇気を振り絞り、puririは挑む…つもりなのだが…

残すところブラックラベル。

リーバイスのブラックのラベルは好きなんだよ。
黒にシルバーの刺しゅうでかっこいいんだ。

でもこのブラックラベル、ちょっと愛せそうにない。

半径3mほどを

邪悪なオーラで包んでいるような気がします。


ちょっと無理目なのでまたしても一時退却。

ポケモンコロシアムは、GBAのポケットモンスターと違い、ポケモンが逃げてしまうことはありません。

しかしダークラッシュという技を繰り出してくるため、攻撃の反動で自らもダメージを受け、戦闘不能に陥るのです。
そうなってしまうとゲットできません。

微妙に体力を削り、状態異常(ねむりが効果的な模様)にし、戦闘不能に陥るまでにゲットするのです。

デスソース(HOTTEST)により明らかに体力が削られ、状態異常になっているにもかかわらず、スイクンゲットに挑みます。

さいみんじゅつを使えるヨルノズクのレベルが低いため、かなり苦戦しました。
デンリュウに攻撃すると敵はマヒするのですが、マヒではあまり効果がないようです。
一体何度、リセットボタンを押したでしょうか。
見事にスイクンゲットです。
これでほのお、じめん、いわタイプに楽々対応できます。

よお~し、やるぜえ!

気合いだ!気合いだ!気合いだあ~~!!

ここで、気合いが必要であること自体が既におかしい事は無視。

XXX HOT

XXXってなんだ?キスキスキス?

瓶のシーリングを外し、フタを緩めます。
HOTTESTは黒いまでの赤だったのが、XXX HOTは眩しい赤。

寄るな触るなはじけて飛ぶさ!

的な、危険な赤です。

細心の注意を払い、一口分のカレーに2滴。

くぁwせdrftgyふじこlp;@:

辛いのを通り越し、苦いとさえ感じます。
味蕾が大ダメージを受けているせいでしょうか。
辛いという認識ができません。
痛い、熱いという刺激と、唯一苦い、ということだけ確認できます。

まさに…死神の口づけやぁ~。

しんどいです。
体にもダメージがきてます。

注意


このホットソースシリーズで「サドンデス」ソースは想像を越える辛さであるため、特にお子様、心臓の弱い方はご使用の際には十分に注意して、希釈または調味素材としてご利用ください。



ゴメンナサイ。



WARNING


もうしません。


今気分が悪いのは香りのせいだからねっ!
絶対デスソースのせいじゃないんだからねっ!
スポンサーサイト
【2006/09/24 17:26】 アロマテラピー | track back(0) | comment(37) |

list ぬくもりの泉

なんで安めぐみなんだよ!

すいません、新しいパソコンでブログ書くのにURL入れるの面倒でWeb検索したんです。したら安めぐみの写真集の名前が「ぷりり」だったのですわ。何も驚く事ないのですがちと不意打ちだったもので…
安めぐみについては何も文句ありません(むしろ大好物です)。
私は専ら勇者もしくはヒロインにぷりりという名をつけていましたが、ぷりりという単語(?)は結構広く使われていたのですね。まあ…いいですわ、もう。

5月というのに寒くって、手足が冷えて冷えて仕方ありません。
夜シャワーを浴びて温まって寝ても、朝は冷えのため体の始動が遅い。そのためまた朝の熱いシャワーを浴びる。
あ、ちなみにうちはいまどきお風呂がありません。
ベランダにシャワーをつけています。

ちょっとパリのアパルトマンっぽくない?ないか…

いったいいつになったら暖かくなるのでしょうか。

その生活に燦然と現れたのがポット。ご存知ですか?お湯を沸かし、常に熱く保ってくれるやつです。。
某大型電気店のポイントでゲットしたのです。これがいいのよ…!奴はいい仕事をする。
小腹がすいたときにカップめん、汁物が欲しい時はインスタント味噌汁、疲れた時にはカプチーノ、ちょっと気取ってアールグレイ…。
毛穴からお茶が出るんちゃうかというほどお茶飲みの私ですが、それまではやかんでまとめてお茶を作って冷たいものを飲んだり、片手鍋でお湯が沸くまでまんじりともせず待ったりの日々を過ごしていたのです。

奴のおかげでいつでも温かいお茶が飲めるようになりました。
お堅いふりしてハートはアツいぜ!器は少々小さいけどな!

現在は家電の花形であるテレビくんの前に鎮座ましましています。
奴がトップを張る日は近い。

炊飯器、ポットと家電が充実してきたと思っていたら、どうも冷蔵庫が怪しい。楽しみにとっていたアイスクリームがクリームになってしまっていて悲しい思いをしました。
冷蔵庫のファンはくりくり回っているので冷凍だけがおかしいのでしょうが、これからの季節お酒はロックで飲みたいよね…
復活を祈っています。

さて、座りっぱなしの生活をしているせいか足腰が痛いので、製油を使ってマッサージすることにしました。
レモン、レモングラス、ローズマリーを使いました。
レモングラスのちょっとしつこい香りはあまり好きではないのですが、ローズマリーのつーんとする香りと合わさると少しはマシになるかな…。
以前体を温める効果を期待してシナモンやらジンジャーやらを使ってみたのですがあまり心地よい香りではなく、スパイス系の香りは結構いつまでも部屋に残ってつらいです。今はたまに、隠し味程度にちょっぴりしか使いません。
心地よいと思える香りを使う事で、エンドルフィンの増加を促して痛みを鎮めたりリラックスさせる事を考えれば無理にいろいろな製油を揃える必要はないと思います。お好きな香りで…

マッサージ方法も揉む、叩くだけでなくて、足や指をしぼるようにしたり、こぶしでぐりぐりこねるようにしたり、つまんだりつねったり、手を変え品を変えやっています。

毎度毎度思うのですが、自分でやるとツボはよく分かるのですが、やはり他人の手でやってもらうのが断然気持ちいい。
しかしそれをやってもらうには、その労力に見合った高いお金を支払うか、

相手の愛にすがるしかないのです。

愛はどこへ行ったの…

ぬくもりの泉


ぬくもりをありがとう
【2006/05/21 11:19】 アロマテラピー | track back(0) | comment(4) |

list マッサージ

本日使用の精油

ジュニパー
サイプレス
ゼラニウム
スイートオレンジ

キャリアオイルはグレープシード。軽くて使いやすいです。
ホホバは足の裏をマッサージするとききしむような気がします。

足のむくみを意識してブレンドしました。

サイプレスは個人的にあまり好きな香りではないのですが、セルライト、むくみに効果的なので使ってみました。
ゼラニウムは大好きな香りなのでついいつも使ってしまいます。
でもこれもリンパの働きを助けるのでサイプレス、ジュニパーと共に使うといいみたいです。
足がむくんだ時はジュニパー単独でよく使用します。これはびっくりするくらいすっとむくみが引きます。
水分排出効果が高いみたいで、以前効果を期待して高濃度でマッサージし、エアマッサージャー(ブーツみたいになってて空気で圧迫してくるやつです)を使用したところ、ふくらはぎ、ひざの裏に水滴がいくつもついていました。
さすが効果絶大と感心したのですが、その後心臓がばくばくしてしまい、やはり濃度は守らないといけないなと実感しました。
オレンジはゼラニウムの香りとよく合うし、馴染みのある香りなのでよく使います。

柑橘類の精油をボディや顔に使用した後は日光に当たると日焼け、しみの原因になるそうです。(光毒性といいます)
6時間は日光に当たらないように、外出の予定がある時は洗い流すようにしています。

下から上へ強めにマッサージ、ひざの裏は特に念入りにやります。
疲れがたまっているのか痛い!
足の裏は痛気持ちいいところを重点的にやります。

自分でやると、ここだっ!てポイントがよく分かるのですが、終わったら腕が痛い。
背中なんかはやっぱりパートナーの方にやってもらうんですかね?
5分とやってもらった記憶ないんですが、一つ問いたい。
私のボディよりテレビの方が魅力的ですか?
精油

【2006/04/30 19:51】 アロマテラピー | track back(0) | comment(0) |
http://thatsping.jp/tagcode
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。