list スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |

list いっぱい食べるキミが好き

えー明日はわたくしの誕生日です。

たいしてめでたくもないですが、かといって過剰に拒否する時期も過ぎました。

おだやかに誕生日を迎えようと思います。


明日はご馳走作っちゃおうかナ。





この前ちらしずしを作りました。とてもおいしくできました。

クックパッドで見て作った寿司酢の分量ではわたくしの口に少し物足りなく感じたので、少し濃い目にしてみました。たぶん田舎っぽい味ですがそこがいい。


ちらし寿司なんて錦糸卵めんどくせーと思ったのですが、かといって炒り卵で作ったときはちょっと微妙だったので錦糸卵のハードルを越えてもいいと思うタイミングでしか作らなかったです。

だがしかし、先日何かの料理本だったか料理番組かだったかで、厚焼き卵をサイコロに切ってちらしているのを見て、これは使えるのではないか?!と思い早速。


厚焼き卵のがめんどいじゃねーかとお嘆きの貴兄に。

最近厚焼き卵はコンビニやスーパで売られているのですっ(最近でもないのかもしれないが)

たけのこにんじんこんにゃく干ししいたけ…あとなんだっけ 色々甘辛く煮て酢飯に混ぜ込んで、お皿に盛り付けた上に菜の花のおひたし、酢蓮、さくらでんぶ(私は好きじゃないですが相棒が好きらしいので)サイコロ状の厚焼き卵などなど。

盛り付けるものは事前にちょこちょこ作っていたりしたのでたいしてめんどくさいこともなく(そこでなぜ錦糸卵がめんどいのかという自分ツッコミ)、春らしいちらしずしができました。



正直上に色々乗っていなくても、酢飯に具をまぜこんだだけのもので個人的には充分満足。というか実家はいつもそんなでした。ちらしずしとよばずおまぜと呼んでました。たしかにまぜているだけだ…。



毎日の料理なんて一人ぐらしだったら味さえ自分好みなら見た目を飾ろうとかそんなのないのよね。

たまに料理魂に火がついてしまうのね。

そして喜んで食べてくれる人がいるときに。

そういうとき、わたくしは全力投球してしまう。そこがいけない。



ここに来てくださる方はご存知かと思いますが、わたくしが作るものは量がちょっとアレなんですよね。


お酒飲みさんは「いろいろなものが少しずつほしい」ので、いろいろなものを作って少しずつ盛ります。


結果、いろいろなものがたくさん余る。


最近は品数があればチーズとトマトを切っただけとかウインナー炒めただけとか佃煮系とかで全然かまわないと気付いたのでそういうもので品数を増やすことに。
ごはんまでは突き出しと思わねば、渾身のメインディッシュを食べつくした後に「メシは何で食ったらいいん」と言い出すのですから。






ラタトゥイユを作った時は地獄を見ました。

お酒大好きな彼の健康のために。

いろんな野菜をたくさん食べてほしいナ(そしてわたくしのために馬車馬のようにがんばりなさい)。そんな想いをこめて…。


ズッキーニ、トマト、ナス、パプリカ、ピーマン、たまねぎ、セロリ、にんじん…みるみるうちに鍋は満杯に。

とうとう別鍋による救済がなされました。



出来上がったラタトゥイユはとてもおいしかったのです。


「これはパンに乗せたらうまそうやな!」←最近ようやくほめ言葉と理解


うまうまと召し上がり、そして数日忙しくて来ない。わたくし一人で大量のラタトゥイユを抱えることに。




個人的にトマトとごはんは微妙と思ってしまうわたくし(料理上手な方はごはんに合うトマト料理をご存知かと思われますが。あ、でもケチャップはだいじょうぶ)。

パンとパスタで消費し続けるも、根っからごはん民族。略してご民。

パンもパスタも好きなのですが、ごはんを食べないで数日たつと、おなかがすいているわけでもないのに妙な飢餓感に襲われるのです。

そこを凌ごうと別の案を出そうとするとダシ。うどんが猛烈に食べたくなったりするわけですが、ラタトゥイユを消費したいがためにごはん炊かないのにうどんを煮てしまっては本末転倒。

猛烈な飢餓感に耐えなんとかクリア。

今思えばあれはカレーに変身させてもよかったのかもしれない。ごはんも炊けて一石二鳥。

ほんの数日の海外旅行にフリーズドライのお茶漬けや即席のお味噌汁など持って行く方をなんという痴れ者と思ったこともありましたが、あれ絶対持っていったほうがいいネ!あの飢餓感ハンパないですし。


で…先日はちらしずし作成の折、いつもの失敗は避けようと、ごはんは2合にいたしました。

そうすると、混ぜ込むための具が余ってきますよネ。

(ぷりりよ…聞こえますか?今あなたの心に直接呼びかけています。余らせないのがテクニックなのです)






そうだこの余った具で白和えをつくっちゃおう!

そして豆腐を水切りし、つぶし、白だし砂糖すりごまをねりねり。

ゆでたほうれん草、具をまぜまぜ。


どんぶりいっぱいできました。




反省点と改善案

1 豆腐がでかかった(38円くらいの妙に長いやつを買ってしまった。高くて小さいのを買っていれば!)

2 まるまる一丁使ってしまった(半分を味噌汁なり他の料理に使う手もあった)

3 ほうれん草を入れない勇気

4 むしろ全部寿司にすればよかった

5 大家族スペシャルになる



メインディッシュが白和えとか食卓が白すぎて目が…目があああああッ



うーん…







明日はどんなご馳走つくろうかな!




【2013/04/22 14:41】 世迷い言 | track back(0) | comment(2) |

list 奇跡の猫

随分以前に、

「ネコが喉を鳴らすのは、喉の骨を鍛えるためだ!専門家の人が言ってた!」

とドヤ顔で言うボスをばっかじゃないのと鼻で笑ったわたくし。

だがしかし!しばらく前に医療系のドラマを見て驚愕。

ネコ科の動物が骨折しても治癒が早いのは喉を鳴らす周波数で骨折の回復を早めているとかなんとかいう台詞が…!

猛烈にぐぐってみたところ、



喉を鳴らすのは、安心して満足している時だけでなく、獣医を診察に訪れたりするとき(ストレスがある状態)や、怪我をしている状態(猫にとってトラウマとなっているような状態)の場合にも見られます。これは猫の喉を鳴らすしぐさが、猫自身を落ち着ける作用があるからと考えられます。また、最近の研究では、猫が喉を鳴らすのときの周波数は25~150ヘルツで、これは骨密度を強化したり、身体回復を助ける作用があるということが示されています。
またこの作用のせいか、同じ肉食性の哺乳類で人間に飼われて生活している犬には珍しくない形成異常や骨粗しょう症の状態が猫には少ないのも事実です。
これらをまとめると、猫の喉を鳴らす理由は、コミュニケーションの手段として、そして身体回復に何らかの影響を与えているからと考えられます。


~引用 「猫に関する総合サイト」~



ひええええ…。すいませんすいません。確か「前足をぐーぱーする猫は愛される」といった情報も専門家の方がゆっていたのですよね!


愛される
【ぐーぱー(もみもみ)する猫。溺愛しています】

でぶお
たまにはしましまも画像アップしてやろう。こいつももみもみするのですがダイレクトにわたくしをもみもみするので太ももが傷だらけです。ショートパンツはもうはけない…(よし!傷のせいにできた)





これが本当なら、骨折した人の周囲に猫を大量投入。ごろごろいわせたら回復が早くなるのではないか?!

また、年配の方の骨粗鬆症などにも有効なのではないだろうか。

(想像してほっこりしたひと挙手)


ついでに言えばゴルフのスィングで折ったわたくしのアバラ、何年たってもうつ伏せになると感じていた鈍痛が今はきれいさっぱりなくなっている。そんな…まさかっ!まさかのミラクル!



医療界に今!革命が起こる!!


なんというドクターキャット…。



(衛生面で待ったがかかりそうだが)




今日も交代でわたくしの骨を鍛えてくれています。




みえない (200x157)

ドクターぷり江はわたくしの骨を鍛えると同時にマウスを腹毛であたためています。猫がマウスを…シュール。

魚の体力ゲージがみえないので釣りスキル上げをあきらめ黒インク作成中。

うーんはかどらない…。





どいて


ドクターでぶ男もといチョメ男はダイレクトに大腿骨を鍛えてくれています。

もはや何もできない…。





今こんなかんじなので大事な局面のスタンに名乗り出ることができずもどかしい…。




伝説のスタン士 (えー) Puririchan、墜つ。




【2013/03/04 13:55】 世迷い言 | track back(0) | comment(5) |

list げんきです

おひさしです。

私はげんきです。

「ぷりちゃんの時間は1月で止まっている」

そう言われふと気づけばもう夏も終わりに。

この間色々ありました。

色々といっても生まれつきインドアなわたくし。

そして最近になってずいぶん記憶力も落ちました。

「ぷりりは俳優でいうとどういう人が好みなん」

「んーっとえっと、顔はもうここに浮かんでるんだけど…なんだっけな、うーんここまで出てるのに」

「何に出てた人」

「えーっとなんだっけ 頭文字Dだっけな」

「しらんな」

「えーっと他は…ちょっと思い浮かばない」

「CMはでてないんか」

「出てる…はず」

「思い出せ」

「うーんうーん…あ、そうだ、はっきり言うけど」

「なに」


「私俳優さんに好みのタイプはいない」



「オイっ」






とんだ強がりでございます…

ちなみにこのとき思い浮かんだのがつまぶきくんなのですが、まあ確かに好きなのですが、


私が結婚してもいいと思うのはボンジョビです。



「オイっ」←各方面からのツッコミの声






「まあ…私の好みはユーなんだけどね」ドヤッ

「…」(照




「おいぃ!!!」 ←各方面からの




おっと…とんだ小悪魔っぷりで煙に巻いてしまったぜ。

私の好みの話なのではなかった。


今までいったい何をしていたかを思い出せる限り挙げてみましょう。



まず引越しをしてお風呂が充実したので外出すれば入浴剤を買いあさる楽しみができました。

しかしなんだかんだでデイリーに使っているのは某炭酸入浴剤と某乳液風呂です。名品だと思います。

あとはいっぱい余っている精油をたらしています。

そんな薫り高いお風呂に当初2時間くらい入っていましたがさすがに心臓が悲鳴を上げ始めました。

いやーお風呂って結構疲れるのね…。

体質レベルなのですが不具合があるので通常より負担がかかるのかもしれません。

今は1時間をめどにしています。週イチくらいでがっつり入りますけれども。





そしてブログの更新は怠っていたものの、ブログで知り合ったお方が大阪にいらっしゃるというので会ったりしていました。

はるばる東京から私に会うためにいらっしゃるなんて…とちょっと無路人冥利でしたが、実際はお仕事でこちらにいらっしゃったのであります。

実は副社長さんには以前もお目にかかったことがあり、もうとにかくほめ殺そうとしているのかと思われるほどほめてくださるので嬉しいような恥ずかしいような。ご一緒にいらしたお父さまにもほめられ、さらにはランチまでご馳走になった前回。

今回は副社長おひとりだったので、「女子会だねー」とキャッキャしながらお酒をいただくことに。

副社長さんに了承を得ていないので今回はリポートなしで。また次回ありましたら。

副社長さんはとてもかわいらしく、フレンドリーで江戸っ子って感じでした。

女のかわいいはアテにならないからな!と言われましたが、ほんとにかわいい人はどう表現すればいいのかわからずかわいさを伝えきることができなくて悔しい思いをしました。


突き出しが活けのエビで猛烈にピチったので副社長さんはビビってしまい、食べられないと言うのでわたくしがいただきました。おいしかったです。

ちなみに私は生のエビは死んでると逆にためらいます。




あと最近少し落ち着きましたが一時マフィンを焼きまくっておりました。

焼きたては外がカリっとして中がしっとりでとてもおいしいです。

クランベリーチョコとかブルーベリークリームチーズとか色々試しました。

なんだかんだでバナナが一番おいしいと思います。

チョコを砕いて混ぜてみたり、ココア生地にしてみたり、あと絶対入れたいのがクルミです。

めちゃめちゃおいしいのですが、焼きあがるまでのふくらむ過程フェチなので、なんというか焼くために食べるという感じになってきてしまいました。

冷凍して「これでよし」とまた焼き始めた時に自分に狂気の片鱗を見た気がしました。



あとは仕事以上に頑張っていたのがスタンのリキャストを縮めることでした。

追記に。

続き
【2012/09/25 15:17】 世迷い言 | track back(0) | comment(5) |

list 出会い系

「○○です、現在獣医師をやっています」

ざわ…ざわざわ





「○○です、小児科医をしています」

ざわざわっ ざわっ





「○○です、バツイチです。今日は娘に、『お母さんがんばって』と送り出されました!」






「○○です、裁判官をやっています」

どよどよどよどよっ
















「って、こんな感じだった」


「うええー、どこの合コン?あ、お見合いパーティー?」





「同窓会だよ」








ざわっ




【2012/01/04 19:58】 世迷い言 | track back(1) | comment(7) |

list 108

こんにちは!トラックバックテーマ担当の藤本です今日のテーマは「カウントダウンになにをする?」です!今年のトラックバックテーマはこれで最後です!大晦日が間近になりましたね。さて、みなさん大晦日の予定はありますか?その中でもカウントダウンで毎年「これするの!」という行動ありますか?私は毎年毎年一人だったり都合がよければカウントダウンのタイミングに逆立ちをしています!ww皆さんはどんなことをしますか?ま...
FC2 トラックバックテーマ:「カウントダウンになにをする?」




いやいやいや…逆立ちはないっすわー。いくら都合がよくっても…。
ジャンプもしないですし。
あーでもなんかちょっといいかな。「年越し何してた?」「地球を持ち上げてたの。ウフッ」そういう茶目っけすごくモテる気がしてきた。

ちなみにちょっと前に「いかにして男ウケするか」を熱く討論したことがありまして、「男子には結局のところ分かりやすいかわいさがテッパン」ということで出た結論が「ギャル文字」でした。(男子のみなさんゴメンネ)
「よーし今からギャル文字使うぞー」となりましたが、やはり猛烈に恥ずかしく、結局女子オンリーの会話で「ぉはょぅ」などと使っては茶化し合うというグダグダな展開になりました。



まあおそらく今年は間違いなくヴァナ・ディールでカウントダウンなんですが。



ヴァナディール


先に書きましたモテの件も、今年我々のグループから2組のカップルが誕生し、数少ない残された女子の「我々も結婚したーい」という野望のもとに生まれました。ええ、ヴァナ・ディールでの話ですとも。


例年通りですよ?!





でも今年はですね、引越しして初めてということもあり、新年に向けてわりとちゃんとしているの。

お正月のお飾りも(100均で)買ってきて、お花も飾り、おせちも用意し(作ったのではない)、お雑煮用の金時にんじんと雑煮大根、白味噌も買ってきたの。

あ、勿論おもちもね、市販の切り餅買ったとこなんだけど、わたくしの実家やらこの界隈は丸餅がトラディッショナルみたいなので、丸餅と、よもぎのあんこ餅(これは焼いて食べたかっただけ)も餅屋さんで買ってきちゃった!

うち今2キロくらいおもちがあるの!

でもだいじょうぶ!おもちだから!


バッチコイ新年!



ところでですね、カウントダウンでちょっとばかり気になることがあるのです。

わたくしの新居は敷地を出てすぐの大通りをチンチン電車が走っています。

かなりいけてそうな食べ物やさんもたくさんあり、結構栄えています。

住むには最高の場所と、ネットでも言われております。

正直、ものすごく住みやすいです。

で、何が気になるのかといえば、引越して初日。


ごぉおおおおおん…おん…おん…


Σ(°Д°;≡;°д°) ←わたくし

(( ;゚д゚))アワワワワ ←ぷり江

(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブルガタガタブルガタガクガクガクガクガク ←チョメ男



その轟音の正体も分かってみればなんのことはない、寺の鐘の音だったわけで、今となっては6時にその音を耳にするたび、「わびさびやねえ~」とつぶやくほどお気に入りなのですが。




先日、大通りで鐘を確認してどびっくり。

全く大通り沿いにあるのでございます。門をくぐって中に入る必要全くなし!

わたくしの実家のご近所のお寺も勿論大晦日には鐘を打ち鳴らすのでありますが、敷地内に貝塚などがある、結構な森というか、小高い山の上に鐘があるのです。



この、轟音が。この、街中で。

大晦日に108回、打ち鳴らされるのだろうか。



これは都会ではよくある光景なのかしら。

まあ年越しの時間はばっちり起きているので鐘の音でたたき起こされる心配はなく、むしろ楽しむとは思うのですが、


我が家の猫さんたちの挙動が気になるところです。





最近の我が家の猫さんたちは、すっかり新居にも慣れ、毎日もりもりう○こを生産しています。

アホだアホだと思っていたチョメ男さんは、ドアノブ回しを習得しました。


実は意外とやれる男だともっぱらの評判です。


まあそのおかげで閉めても閉めてもドアが開いていき、やたら寒い毎日を送っています。



当初は二匹揃ってわたくしがびしょ濡れになっているのを心配していたお風呂、チョメ男さんはもう無関心です。

ぷり江たんだけが毎日心配して見守りにやってきます。

お風呂の前のマットに箱座りをして待っているのでドアを閉めてはかわいそう、と思い、一応開けてはいるのですが、湯船から出たら寒いのでドアを閉めます。

そうすると、母猫が子猫を探すように切ない声で泣き叫びます。

なので仕方なくまたドアを開け、寒い思いをしながら体を洗っています。




二匹とも爆睡していても、わたくしがトイレに入ろうとすると、階段を駆け下りて来てトイレに滑り込みます。

切羽つまっている時などは、ドアをあけた瞬間に割り込まれ、イラっときたりします。

特にトイレで何かしたいことがあるわけでもなさげなのだけれども、とにかく先に入ります。

「わたくしめが先に…危険はなさそうです。大丈夫です、ささ、どうぞこちらに」


世界のセレブリティ並に不自由。


そんなセレブに猫草交じりのゲロを処理させるボディガードもいかがなものかとは思うのですが、チョメ男は身を挺して侵入者からわたくしを守ろうとしてくれます。


「おにいさん」限定ですが。


濡れ濡れの鼻でおにいさんの手をぐずぐずにし、体を投げ出してわたくしを守ってくれますが、


「おじさん」の時は顔も見せません。


おじさんに恐れをなしているのかと思いきや、ものすごくだらしなく寝ていたりします。
完全におサボりモードです。


てっきりわたくしのボディをガードしてくれていると思っていたのですが…


単に好みの問題なのか。


【2011/12/29 17:06】 世迷い言 | track back(0) | comment(1) |
http://thatsping.jp/tagcode
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。